編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ネオジャパン、SaaSサービス「Applitus」にワークフローや経営管理を含む6種のアプリを追加

柴田克己(編集部)

2008-07-02 18:32

 ネオジャパンは7月2日、同社が提供するオンデマンドアプリケーションサービス「Applitus(アプリタス)」に、新たに6種のアプリケーションおよびサービスを追加すると発表した。

 2006年9月に開始されたApplitusは、同社のグループウェア「desknet's」、営業支援ツール「desknet's SSS(サザン)」、顧客情報管理ツール「desknet's CAMS」などのアプリケーションを、インターネットを通じたSaaS形式で提供するもの。2008年5月末現在で、利用企業180社、1万ユーザーを達成したという。今回の提供サービスの追加により、Applitusで利用できるサービスは、全17種となる。

 新たに追加されたアプリケーションは、経理ワークフローシステムの「desknet's LiRaku(リラク)」、稟議・日報内部統制システム「desknet's MMM(エムスリー)」、社内SNS「desknet's SNS」、ウェブメールシステム「Denbun」、共有型ホスティングサービス「ApplitusServer Value」、占有型ホスティングサービス「ApplitusServer Empower」の6種類。

 Applitusで提供されている各サービスの利用にあたっては、ディスクスペース、メールサーバ、ウェブサーバ、管理機能、サポートなどを含む基盤サービスとなる「ベーシックプラットホーム」の契約が必要となるが、今回のサービス追加に合わせて、その内容も拡充された。プライベートCA(電子認証)発行サービス、共有ディスクサービス、商用データベースサービス「日経テレコン21」の提供、メールアカウント上限の200アカウントへの拡張といったサービス強化が行われている。

 Applitusの利用料金は、ベーシックプラットホームサービスが1万5750円。初期構築費用が5万2500円。加えて、各アプリケーションサービスの利用料が1ユーザーあたり525〜3150円/月となっている。なお、2008年12月末まで、アプリケーションの初年度利用料が割引となるキャンペーンを実施する。

狩野英樹氏 ネオジャパン取締役、オンデマンド・アプリケーション・サービス・プロジェクト統括の狩野英樹氏。

 ネオジャパン取締役、オンデマンド・アプリケーション・サービス・プロジェクト統括の狩野英樹氏は、「グループウェアに対するユーザーの要求が、従来の情報共有ツールから企業活動の可視化ツールへと変化してきている」と、今回の提供サービス追加の背景を説明する。

 Applitusにおいては、同社の看板ブランドである「desknet's」において、これまでグループウェア、顧客管理ツール、営業支援ツール、ブログツール、ファイル転送ツールを提供している。そして、新たに追加された「LiRaku」は、売上請求書の発行や取引業者への支払い、立替経費精算といった日常経理業務のワーフクローを電子化するものであり、さらに「MMM」は、日報管理、勤怠管理、経費精算などの従業員管理ツールに、受注、発注、仮払いなどの稟議システムを合わせた包括的な経営管理支援ツールである。

 「企業活動で発生するデータを情報として可視化すると同時に、IT経営、内部統制への活用をしたいという形で、グループウェアは現場レベルでの業務効率化の枠を越え、経営ツールへの変化を求められている。Applitusでは、今後もアプリケーションの強化と、システム連携への柔軟な対応で、こうしたニーズに応えていく」(狩野氏)

 ネオジャパンでは、2008年度においてApplitus事業で5億円の販売を目指す。また今後も順次サービスを追加し、2008年末には20種まで拡充したい考えという。

Applitus ネオジャパンの提供するオンデマンドアプリケーションサービス「Applitus」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]