編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ネオジャパン、顧客対応システム「desknet's CAMS」新版をリリース

田中好伸(編集部)

2008-06-11 11:00

 ネオジャパンは6月11日、顧客対応システム「desknet's CAMS」の新版となるV2.5をリリースしたことを発表した。前版から2年半ぶりのバージョンアップとなる。ウェブサイト上からダウンロードでき、30日間無料で試すことができる。

 2005年2月に販売開始となったdesknet's CAMSは、メールや電話での問い合わせへの対応内容を共有して業務を効率化、蓄積されたデータを活用することで顧客満足度を高めるためのウェブベースの顧客対応システム。同社のグループウェア「desknet's」の技術を応用。保守やサポート、コールセンターなど180の部門に導入されてきている。

 最新版となるV2.5では、メール受信時に自動返信を行い、受信したことを顧客に通知する「メール自動返信」機能を追加している。顧客からメール返信があったときに、そのメールの前回対応者を自動的に担当者として設定する「担当者の自動設定」機能を搭載することで、振り分け作業を軽減している。また、「未対応メールの警告表示」機能で受信からの経過日数を表示するとともに通知メールを関係者に送信することで、対応の漏れを防ぐようにしている。

 セキュリティ・データ関連機能の強化では、メール対応機能とダイレクトメール(DM)発送機能で、好ましくないドメインをアカウント全体、アカウント別に設定する「送信ドメイン設定」機能を搭載している。これは、ブラックリストに指定されているフリーアドレスや携帯電話のドメインなどへの送信を未然に防ぐ、情報漏洩防止機能となっている。また、サーバ容量の節約と負荷を軽減するために「メール一括ダウンロード」機能を搭載。不要になったアカウントのメールデータをまとめてダウンロードすることで、クライアントメールソフトに保存することができる。

 最新版ではまた、顧客情報の参照・選択する際の使いやすさを向上させているという。これまでの「会社名による50音検索」「氏名の50音検索」「キーワード検索」に加えて、顧客種別や業種など任意に“グループ”を作成、関連付けができる「グループ検索」が可能となっている。

 DM作成時には、あて先検索から検索条件の複数指定が可能になっている。顧客ニーズをあらゆる角度で分析、その結果に合うDMを一度に自動配信設定することができ、手間を省けるようになっているとしている。

 動作環境はサーバOSが「Microsoft Windows Server 2003」(SP1以上)となっており、「Microsoft .NET Framework 2.0」が必要。またデータベースとして「Microsoft SQL Server 2005/2005 Express Edition」が必要となっている。価格は、10ユーザーで21万円、50ユーザーで63万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]