ネオジャパン、グループウェア「desknet's」最新版を公開--Ajax対応版も

岩本有平(編集部)

2006-07-04 09:19

 ネオジャパンは7月4日、ウェブベースのグループウェアの最新版となる「desknet's バージョン5.0」試用版を提供開始すると発表した。8月2日から出荷を始める。

 最新版では、米MBテクノロジーズのAjaxフレームワーク「Bindows」を採用して開発した「desknet's with Ajax」を提供する。desknet's with Ajaxをアドオンとして利用することで、Ajax版のスケジューラーとウェブメールの利用も可能となる。他の機能についても順次Ajax版を提供していく予定だ。

 Ajaxを利用したことで、ブラウザ上でのドラッグ&ドロップによる操作や右クリックでのメニュー呼び出しが可能になっており、またウィンドウサイズの変更などもマウスだけで操作することができるようになっている。さらに、Ajaxの非同期通信により画面遷移の回数が少なくなったことから、データ通信量やサーバへの負荷も大きく減少しているという。ブラウザ以外のソフトを必要としないため、ネオジャパンでは「TCOの削減にもなる」としている。

 Ajax版では、1つのブラウザウィンドウ上で複数の機能(現在はスケジューラーとウェブメールのみ)を同時に利用できることから、スケジュールを確認しながらメールを作成するといった作業がストレスを感じることなく行えるようになった。大量のメールを受信する際には動作が重くなっていたウェブメールも3ペインビューとなり、動作速度が向上しているという。

 desknet'sの本体価格は5ユーザーで税別3万9800円から、無制限では税別99万8000円となっている。またdesknet's with Ajaxの年間ライセンスは5ユーザーで税別1万8000円から。なお、ネオジャパンでは8月2日から2カ月間、desknet's with Ajaxの年間ライセンスを割安で購入できるキャンペーン「Move to Ajax Special Campaingn」を実施する予定だ。

desknet's with Ajax Ajax版では1つのブラウザウィンドウ上でスケジュールを確認しながらメールを作成するといった作業が可能

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]