編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「ライバルはOutlookやBecky!」--ネオジャパンのIMAP4対応ウェブメール

藤本京子(編集部)

2007-02-21 08:00

 ネオジャパンは2月21日、IMAP4(Internet Message Access Protocol Version.4)に対応したウェブメール「Denbun デンブン」を発表した。Flash版、Ajax版、モバイル版の3バージョンで提供する。

 ネオジャパンは、主力製品としてウェブグループウェアの「desknet's」を提供している。同製品にも簡易ウェブメールサービスは用意されているが、「内部統制対策としてメールの管理が求められる今、本格的なウェブメールサービスに対する需要が高かった」と、ネオジャパン 代表取締役の齋藤晶議氏は同製品の開発の背景について語る。

 Denbunは、IMAP4を利用して、メーラーに完全にメールを取り込むのではなく、サーバにメールを保管し続ける。メーラーからサーバのメールボックス全体が管理でき、メールの集中管理を実現する。送受信されるメールデータは全てメールサーバに保管される。

 齋藤氏は、「Denbunはクライアントメールと同等以上の機能を装備している」とアピールする。使い勝手や機能などが一部でもクライアントメールに劣っていると、浸透しないためだ。「開発にあたっては、OutlookやBecky!、Eudoraなどを意識した。これらのインターフェースには負けないつもり。Denbunと競合するのはウェブメールではなく、クライアントメールだ」と、齋藤氏は強気だ。

 具体的な機能としては、メールの送受信や検索機能、階層化されたフォルダの作成、開封確認、署名設定など、迷惑メールのドメイン指定、アドレス帳のインポートおよびエクスポート、ドラッグ&ドロップによるメールの移動、右クリックによるフラグ付けや差出人のアドレス帳への追加など。デスクトップアプリケーションと同様にマウスで直感的な操作できるようになっており、「メールソフトに必要な基本機能はすべて備えている」(齋藤氏)という。

 モバイル版は、NTTドコモ、au、ソフトバンクに対応しており、個体識別番号による簡単ログインをサポートする。

 一般的によく使われているPOP(Post Office Protocol)対応としなかった理由について、齋藤氏は、「IMAP4は運用管理が楽で、バックアップなどが容易に設定できることなどから、大企業ではIMAP4への移行が進んでいる」としている。

 ネオジャパンでは、まずdesknet'sを利用する大企業を中心にDenbunを販売したい考えだ。Denbunの価格は、1カ月1ユーザーにつき300円で、1年間の利用ライセンスとして10ユーザー単位で販売する。齋藤氏は、初年度の販売目標として「500社に採用してもらいたい」としている。なお、Denbunは海外での販売も視野に入れており、英語にも標準で対応している。

Denbun Denbunのインターフェース。ドラッグ&ドロップも簡単にできる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]