編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ニッセン、SASのマーケティング分析ソリューションを採用

富永恭子(ロビンソン)

2011-01-19 16:46

 ニッセンは、マーケティングキャンペーンの高度化のため、SAS Institute Japan(SAS)の顧客管理およびマーケティング分析ソリューション「SAS Campaign Management」を採用し、2010年12月より稼働開始した。1月19日、SASが発表した。これにより、マーケティングのPDCAサイクルを包括的に支援するとしている。

 ニッセンでは、個々の顧客のニーズを踏まえたきめ細やかなコミュニケーションを強化していくため、マーケティングキャンペーンの実施から効果検証までのサイクルのさらなる効率化を図ることが課題だったという。具体的には、キャンペーンのターゲットリスト作成に一部専門スキルが必要であり、柔軟なキャンペーン設計や効果検証が困難であること、また、そのため作業自体が属人的になり、PDCAサイクルのスピードが一部の担当者のリソースに依存するといった点だ。検討の結果ニッセンは、多数の導入実績を持つSAS Campaign Managementの採用を決定したとしている。

 SAS Campaign Managementは、キャンペーン管理業務を円滑に実践していくための支援機能を包括的に提供するソリューション。マーケティングのPDCAサイクルを高度化するプラットフォームを提供するという。具体的には、多様なデータソースにアクセスしデータを統合することで、キャンペーンのターゲットリスト抽出を効率化する。また、直観的に操作できるGUIベースのキャンペーン管理機能、キャンペーン履歴の一元管理、キャンペーンの自動化および効果検証などの機能が備わっているという。

 ニッセンでは、SAS Campaign Managementの導入により、顧客動向を効果的に把握し、個別のプロモーションチャネルおけるミスコミュニケーションを改善することで、より有益な顧客との関係構築を実現していくとともに、マーケティングROIの大幅な向上を見込んでいる。将来的には、ダイレクトメール、電子メール、カタログ、電話、ハガキなど多岐にわたるコンタクトチャネルの実行履歴を統合的に管理し、顧客個々のニーズに合わせより細分化されたセグメント単位のプロモーションを、より高密度に展開していく考えだという。

 SASは今後も、マーケティング分析ソリューションの提供を通じて、ニッセンにおけるマーケティングキャンペーンの高度化を支援していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]