編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

アマゾン、クラウドインフラ管理を自動化する「Elastic Beanstalk」を発表

文:Larry Dignan(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦

2011-01-20 12:18

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月19日、同社クラウド上でのさまざまなサービスの管理を自動化する「AWS Elastic Beanstalk」をローンチした。

 簡単に言うと、AWS Elastic Beanstalkはウェブ開発者がアプリケーションをローンチする際に必要な、配備に関する細かな設定をすべて代わりに引き受けてくれるというものだ。Elastic Beanstalkは、ストレージ、コンピューティングクラスタ、ロードバランシング(負荷分散)、自動スケーリングといったサービスの配備と管理を行うことができる。

 Amazon.comでウェブサービス部門のバイスプレジデントを務めるAdam Selipsky氏は、クラウドコンピューティングのインスタンス管理に大量の人的資源を注ぎたくないと考える小規模開発者および大企業は、ともにElastic Beanstalkの目指すターゲットだと話している。Selipsky氏はElastic Beanstalkについて「アプリケーションは構築するが、その基盤になるコンピューティングインフラを管理するほどの技術的知識はないという顧客に向けたものだ」と述べ、「Beanstalkは完全にブラックボックス化されている」と説明した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]