マカフィー、ウェブセキュリティSaaSを2月21日から

吉澤亨史

2011-02-15 16:56

 マカフィーは2月14日、ウェブセキュリティSaaS「McAfee SaaS Web Protection」を2月21日から提供すると発表した。価格は、11~25ライセンスで1ノード6258円。スタンダード・テクニカルサポートが含まれる。

 SaaS Web Protectionは、オンプレミス(自社運用)のアプライアンスを必要とせずに、マルウェアだけでなくウェブベースの脅威などから企業を保護できるという。設定などの手間をかけることなく信頼性の高いウェブセキュリティを提供する。同社のアプライアンスや仮想ウェブ防御ソリューションと同様に、リアルタイムの保護を実現するクラウドベースの「Global Threat Intelligence」を採用することで、業界最高レベルの保護率を実現したとしている。

 攻撃を事前に阻止するブロック機能や位置情報などを搭載したグローバルレピュテーションベースの「TrustedSource」技術を採用することで、潜在的に悪質な挙動を見きわめ、ウェブフィルタリングを強化するとともに、企業がこれらの脅威をリアルタイムかつ動的にブロックできるという。また、ウェブやそのほかのトラフィックがもたらす脅威を把握できるスケーラブルで包括的なレポート機能やポリシー設定機能も搭載する。

 リモートとモバイルのユーザーにも同等のウェブセキュリティを適用できる。これにより企業は、中央からの一元管理によってすべてのエンドユーザーに対してセキュリティポリシーを強化できるという。ユーザーが企業のファイアウォールの内側に存在しないときでも、同様の対応を行うことができるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]