編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「Google Chrome 10」ベータ公開--「Crankshaft」搭載でJavaScriptが高速化

文:Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正:編集部

2011-02-21 11:33

 Googleは米国時間2月17日、「Google Chrome」の新版を2種類公開した。ベータユーザー向けのバージョン10と、開発者向けのバージョン11だ。

 新しいベータリリースは、JavaScriptエンジン「V8」の新版「Crankshaft」を搭載している。GoogleのV8ベンチマークによると、処理が65%高速化しているという。

 Chrome 10にはこのほかに、ビデオのハードウェアアクセラレーション、これまで別ウィンドウで開いていた設定画面のタブ化、複数インストールされたChrome間でのパスワードの同期に対応するようになった。

 Chrome 11の計画については詳細があまり明かされていないが、ネットワーク越しに別のマシンを制御できる「Chromoting」という機能が搭載されるようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]