編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日商エレ、クラウド移行サービスを提供--企画から運用までをワンストップで

冨田秀継 (編集部)

2011-03-08 12:15

 日商エレクトロニクスは3月8日、同社グループ会社のインフォリスクマネージとクラウド移行サービスの提供を開始すると発表した。両社の強みである仮想化サービスと運用監視サービスを統合して提供する。

 日商エレクトロニクスは、仮想化サービスのノウハウを生かしたエンタープライズ向けのクラウドソリューション「CloudNavigate」を提供しており、プライベートクラウドの構築から運用受託、パブリッククラウドとの連携サービスなど、クラウドの企画から構築、運用までを手がけている。

 一方のインフォリスクマネージは、フルマネージドホスティングサービスなどを手がけており、システムダウン対策や災害対策といったセキュリティマネジメントに強みを持っている。

 クラウド移行サービスは、これら両社の強みを合わせたサービス。プライベートクラウドとパブリッククラウドのアセスメント、企画と設計、構築と移行、運用サポートを提供する内容だ。

 また、両社ではクラウド移行サービスのていきょうにあたって、3月8日から6月7日にわたって「CloudNavigateキャンペーン」を展開する。「TCO削減シミュレーションレポート」を無償で提供するほか、事前システム調査が半額になるなどの内容。詳細は特設サイト「CloudNavigate」で確認できる。

特設サイト「CloudNavigate」 特設サイト「CloudNavigate」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]