編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

「Office 365」パブリックベータテストを試す - (page 2)

海上忍

2011-04-25 17:53

 Office 365のサービスは、ブラウザの利用が前提だ。

 サポートブラウザはOSにより異なり、Windows 7の場合はInternet Explorer 7 / 8 / 9。Windows Vistaの場合はInternet Explorer 7 / 8。FirefoxはWindows 7 / Vistaともサポートされる。Mac OS X 10.5以降でも利用可能だが、サポートブラウザはSafariのみとなる。ただし、ユーザーエージェントの厳密なチェックは実施していないらしく、Google Chrome(Mac版)でもひと通りの機能を試すことはできた。

 パブリックベータテストに申し込み、所定のサイトにアクセスすると、Microsoft Online Services IDと呼ばれるアカウントが発行される。IDは「XXXX@XXX.onmicrosoft.com」とメールアドレスを兼ね、Outlookによるメールの送受信にも使えるしくみだ。

 サイトにはじめてサインインすると、ExchangeやSharePointの自動設定が開始され、その後表示言語の確認を行うと、いよいよOffice 365の機能を利用できる。このときの画面が「Office 365ポータル」で、以降サインインするたびに表示されることになる。

 最初に着手したのは、Outlookで使用する連絡先のインポート。対応するのはCSVファイルのみ、デスクトップ版Outlookのファイル(*.pst / *.olm)はサポートされないが、プレインテキスト可ということは汎用性が高いともいえる。ヘルプを見ると、Outlook 2007 / 2010、Hotmail、Gmail、Yahoo、Windows Liveメールのアドレス帳が動作確認されている。

  • 画面上部の「ホーム」をクリックすると、Office 365ポータルが表示される

  • Outlookの連絡先には、CSVファイルをインポートできる

  • SharePoint領域にアップロードした文書は、ブラウザで表示/編集するか、ローカルで編集するかを選択できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]