「Windows 7」で効果的にシステムを復元するには--5つのティップスを紹介

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 編集部 2011年05月27日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windowsシステムでは、クラッシュによってシステムの調子がおかしくなった場合、「システムの復元」機能を用いることによって、システムがきちんと動作していた時の状態に戻せるようになっている。本記事では、この機能を用いる際のティップスと注意点を紹介する。

 「Windows 7」に搭載されているシステムの復元機能は優れものであり、Windowsシステムを過去の状態に戻すことができるようになっている。この機能は、システムの調子がおかしくなった際に重宝するはずだ。ひどいクラッシュの後や、プログラムあるいはユーザーがOSに深刻なダメージを与えた後でも、システムの復元機能を用いることで、コンピュータがきちんと動作していた時の状態に戻すことができるのである。システムの復元機能は簡単に使用できるようになっているものの、パワフルであるがゆえにその使用は慎重に行うべきだろう。以下は、この機能を最大限に活用するうえで知っておくべきことである。

1:ウイルス対策ソフトウェアとの連携

 システムの復元機能では、インストールされているウイルス対策ソフトウェアと連携し、復元中にスキャンが行われるようになっている。そしてウイルスに感染しているファイルが検出された場合、ウイルス対策ソフトウェアによってそのファイルの隔離が行われるというわけだ。こういった連携は、ウイルス対策ソフトウェアによって検知、隔離できない感染ファイルがあるような場合を除いて、とても効果的に機能する。なお、感染ファイルに依存する復元ポイントを使用しなければならない場合、インストールされているウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効化し、コンピュータをネットワークから切り離し(感染の拡大を防止するため)、復元プログラムを実行することになる。そして、復元が完了した後、ウイルスの駆除作業に取りかかるわけだ。すべての復元ポイントで感染が確認される場合、復元ポイントをすべて削除し、ウイルスの駆除を行い、コンピュータが正しく動作するようになってから、新たな復元ポイントを作成するのがよいだろう。

2:ウイルス対策の決め手だと考えてはいけない

 上記の項目に関連することであるが、Windowsに搭載されているシステムの復元機能はウイルス対策ツールではないということを肝に銘じておいてほしい。筆者は、システムを以前の状態に戻すことで、コンピュータに感染しているあらゆるウイルスを駆除できると思い込んでいるユーザーを何度も目にしてきた(時には管理者までもがそう思い込んでいることもあった)。システムの復元機能はユーザーデータに手をつけないようになっているため、感染したユーザーファイルも手つかずのまま残してしまうのである。このため、システムの復元機能を使用したとしても、ウイルスに感染する前の状態に復元されることはないというわけだ。

3:使い物になる復元ポイントを常に複数用意しておく

 システムの復元機能では、復元ポイントを複数残しておけるようになっている。また、Windows 7では復元ポイントが自動的に作成される(加えて、Windowsの更新が行われる際にも作成される)ようになっているものの、手動で定期的に復元ポイントを作成しておき、マシンが正常に動作している特定のタイミングでの状態を再現できるようにしておくことをお勧めする。例えば、Windowsのレジストリや、その他の重要な設定に手を加えるサービスパックやアプリケーションを手動でインストールする場合を考えてほしい。こういった場合、アップグレードやインストールに先立って、新たな復元ポイントを作成しておくべきだろう。復元ポイントを手動で作成するには、[スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]を右クリックした後、[プロパティ]-[システムの保護]をクリックし、[作成]ボタンをクリックする。そして新たに表示されたダイアログボックスから、該当復元ポイントを用いて復元した場合にどういった状態に戻るかが明確に分かるような復元ポイント名称を入力する(例えば「Service Pack 1インストール前」など)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]