編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

Slackware Linuxを使うべき10の理由 - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-07-01 08:00

#3:中立性

 Slackwareはパッケージマネージャに依存していないため、その他のディストリビューションに比べると中立性が高い。その理由としては、ほとんどのアプリケーションがソースコードからインストールされるという点に加え、どの企業とも提携していないという点を挙げることもできる。Slackwareはコミュニティの力によって発展してきたディストリビューションなのである。裏を返すとSlackwareは、ディストリビューションをインストールしてすぐに使いたいというユーザーには向いていない。また、異を唱える人もいるかもしれないが、Slackwareではインストールする対象をユーザー自らが(インストール時に)注意深く検討し、選択できるようになっているという点も、中立性を高めるうえで役立っている。このことはデスクトップにも当てはまる。Slackwareでは、(KDEやGNOMEは言うに及ばず)さまざまなデスクトップを使用できるようになっているのだ。

#4:GPLに対する準拠度の高さ

 Slackwareは、筆者のLinux経験から言っても、GPLに対する準拠度が最も高いディストリビューションである。前回Slackwareをインストールした際には、GPLに違反しているソフトウェアは1つも見つからなかった(もちろんJavaはインストールしていない)。オープンソースの熱心な支持者にとっては、Slackwareが最適な選択肢となるはずだ。

#5:高速な動作

 Slackwareではユーザーが必要とするコンポーネントのみをインストールすることによって、またSlackwareのリリースポリシーによって、ほとんどのディストリビューションよりも高速な動作が可能になっている。筆者は、最新のSlackware(13.37)とKDE 4.5をインストールした環境と、最新のKubuntu(11.04)とKDE 4.6をインストールした環境を、同じマシンを使用し比較したことがある。Kubuntu環境の方が(KDE 4.6の高速化により)高速に動作するはずだったが、結果はそうならなかった。実際に使ってみると、Kubuntu環境よりもSlackware環境の方が、エクスペリエンスという点で優っていたのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]