編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Slackware Linuxを使うべき10の理由 - (page 3)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-07-01 08:00

#6:クリーンかつ優れた設定ファイル

 Slackwareについてよく耳にする不満の1つに、設定を行うためのGUIユーティリティが用意されていないという点が挙げられる。これはSlackware内のすべてのサブシステムに当てはまる。例えばユーザーを追加したい場合、コマンドライン環境を使用することになる。また、起動時のサービスやSambaの設定を行いたい場合にもコマンドライン環境を使用することになる。とは言うものの、これによって設定ファイルはよりクリーンなものになるのだ。もっとも、設定ファイルがクリーンになるかどうかはユーザーの設定記述能力に依存しており、そのこと自体はまた別の話だと主張する人もいるだろう。しかし筆者の経験から言うと、Slackwareのようなディストリビューションを使おうとするユーザーのほとんどは、大半のGUIツールが作成する設定ファイルよりもクリーンなものを作り出せるはずだ。

#7:Linuxに対する理解の深化

 Slackwareに精通するということは、Linuxに精通するということである。Slackwareはその性質上、他のディストリビューション(おそらくGentooは除外してもよいだろう)に比べて、OS全体に対する深い理解を必要するディストリビューションとなっている。Slackwareのインストール(および管理)を行うことで、ディレクトリ階層やユーザー管理の方法、ネットワーク設定、initシステムなどの知識が深まるはずだ。

#8:サーバOSとしての適性

 Linuxを用いたサーバ環境を構築する場合、信頼性やセキュリティ、実績と将来性に目を向けてディストリビューションを選択するのであれば、筆者は迷うことなくSlackwareに白羽の矢を立てるだろう。その理由はたくさんある。上記の項目はもちろんのこと、Slackwareはサーバ向けOSとして洗練されてきているのである(もちろん、Slackwareがデスクトップ向けではないと主張しているわけではない)。Slackwareは規格への準拠に力を注いでいるため、(SambaやApacheといった)標準的なサーバを使ってみれば、それがドキュメント通りに動作するということを体感できる。また、Slackwareは信頼性や効率性の面で常に高い評価を得ているため、OSというソフトウェアに起因する問題や障害に悩まされることも少ないはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]