編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

スタートトゥデイ、DWH導入でマーケティング効果が5~10倍に

田中好伸 (編集部)

2011-07-08 06:00

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」などを運営するスタートトゥデイはデータウェアハウス(DWH)として「IBM Netezzaデータウェアハウス・アプライアンス」を導入した。日本ネティーザが7月7日に発表した。

 1998年設立のスタートトゥデイはZOZOTOWNを中核にファッション関連サービス事業を展開。ファッション通販サイトのほかにニュースサイトなど9種類のサービスを提供しているという。

 スタートトゥデイは2010年にCRM戦略を策定し、CRMへの取り組みを本格化させている。今春には“顧客と友達のような関係作り”を目指す「Customer Friendship Management(CFM)」という新しいコンセプトに沿って、CFMを具現化するシステム基盤として新たにDWHシステムを構築している。

 自社通販サイトで発生する大量データを分析して、顧客へ適切に、タイムリーなコミュニケーションを提供するための新DWHシステムの検討は1カ月間で進められ、CRMの実現で重要とされるスピードとスケーラビリティ、簡易性、導入実績が評価されてNetezzaが採用されたという。システム構築プロジェクトは新日鉄ソリューションズの支援で進められ、プロジェクトが開始して約3カ月後にシステムが完成、本番稼働している。

 ネティーザのDWHアプライアンスとともに、今回運用が始まったダッシュボード、定型や非定型の両方の分析に対応するビジネスインテリジェンス、「IBM Unica」によるマーケティングオートメーション、レコメンデーションなどの仕組みを効果的に連携させることで、メールの開封率は従来の3~5倍、マーケティング効果は5~10倍になったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]