編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

国内IT市場、2012年に復興需要と外需でプラス成長へ--IDC

富永恭子 (ロビンソン)

2011-08-10 18:10

 IDC Japanは8月10日、2011年第1四半期(1月〜3月)の実績と、最新の景気動向などに基づく国内製品別IT市場予測を発表した。

 調査結果によると、2011年の国内IT市場は12兆3863億円で、前年比成長率が2.4%減となり、前回予測(5月時点)の12兆1301億円、3.9%減からやや改善した。また、2011年の国内通信サービス市場は11兆250億円で同0.5%増となり、前回予測の11兆115億円、0.4%増から若干の上方修正となった。なお、IDC Japanでは、今回の調査からハードウェア市場にタブレットとeReaderを含めているが、5月時点の前回予測についても補正を加えて比較している。

 IDC Japanが定義する国内IT市場は、「ITサービス市場」「パッケージソフトウェア市場」「ハードウェア市場」の3市場で構成される。2011年の同市場は、東日本大震災、原発事故、電力不足、円高などによる景気低迷を要因に、全体として低調となり、前年比マイナス成長になるとみている。市場規模は、ITサービス市場が4兆8541億円で同1.8%減、パッケージソフトウェア市場は2兆1493億円で同6.5%減、ハードウェア市場は5兆3829億円で同1.1%減と予測している。

 一方、国内通信サービス市場は、「固定網音声サービス市場」「固定網データ通信サービス市場」「移動体音声サービス市場」「移動体データ通信サービス市場」の4つのサブマーケットで構成される。2011年のそれぞれの市場規模は、固定網音声サービス市場が1兆9599億円で同9.9%減、固定網データ通信サービス市場が2兆6007億円で同4.2%増、、移動体音声サービス市場が3兆4227億円で同3.8%減、、移動体データ通信サービス市場が3兆417億円で10.8%増と予測。国内通信サービス市場は、移動体データ通信サービス市場の高い伸びによって、2011年全体としてプラス成長に転じるとIDCではみている。

 同社では、2012年には復興需要や外需が牽引する形で日本経済が改善、それに伴い多くの製品がプラス成長となり、国内IT市場は全体としてプラスに転じるとみている。特に、移動体データ通信サービス市場の高成長が続き、これにより国内通信サービス市場は全体として引き続きプラス成長になると予測。2012年の国内IT市場規模は12兆8233億円で同3.5%増、国内通信サービス市場規模は11兆1816億円で1.4%増になるとしている。

 また、IDCでは日本全国で電力不足が懸念される状況となった現在、データセンター戦略の見直しが必須だと指摘。同社のITスペンディング/ITサービス/ソフトウェア&セキュリティ/コミュニケーションズ グループディレクターの和田英穂氏は「ITベンダーは韓国など近隣国でのデータセンターと高速回線のサービスを選択肢として用意すべきだ」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]