KVMの機能とクラウドOS:KVM徹底解説 第2回

山﨑靖之 (サイオステクノロジー株式会社) 2011年08月22日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本特集「KVM徹底解説」の第1回「サーバ仮想化技術をおさらいしよう」では、仮想化技術の概念とKVMの概要について解説しました。

 今回は、KVMの機能とクラウドOSについて紹介します。

 前回述べたとおり、KVMは、Linuxカーネルにサーバ仮想化を実現するハイパーバイザ機能を組み込んだソフトウェアです。つまり、Linux上で稼働するプロセスとして、仮想マシン環境を実現しています。

 大きな特徴としては、KVMは、CPUの仮想化支援機能(Intel VTやAMD-V)に対応したCPUを搭載したサーバで利用することが前提条件になります。

 KVMが提供する主な仮想化機能を以下に解説します。

1. KVMが提供する機能

1-1. CPUの仮想化

 KVMでは、仮想マシンがLinux上の1つのプロセスとして動作しますので、Linuxカーネルのプロセススケジューラーによって、各仮想マシンのプロセスに対するCPUの割り当てが行われます。よって、CPUが割り当てされている実行時間中は、ゲストOSは、物理CPUで動作しているということになります。

 簡単に言えばこれだけのことですが、詳細に見ていくと話は単純ではありません。

 複雑化させている原因は、CPUの特権モード(リングプロテクション)の扱いにあります。インテルアーキテクチャのCPUは、特権モード(リング0〜3の4種類)があります。LinuxやWindowsの場合でいうと、カーネルはリング0で動作し、ユーザープロセスはリング3で動作します(リング0、リング3の2種類のみを使っている)。言い換えると、リング3で動作するユーザープロセスからシステムコールを発行することで、リング0で動作しているカーネルが物理リソースへのアクセスを行うといった動作です。つまり、リング0は全てのCPU命令が実行可能なモードであるのに対して、リング3は物理的なハードウェア資源を操作する命令が実行できないモードなのです。しかし、KVMでは、仮想マシンはLinux上の1プロセスとして動作するので、そこで実行されるゲストOSは、リング3だけでは動作することができない、という問題が発生します。

図1 CPUの実行モード 図1 CPUの実行モード

 この問題を解決するために、前述のCPUの仮想化支援機能を利用しています。

 Intel VTなどは、通常の特権モード(リング0〜3)とは別に、ハイパーバイザ(ホストLinux)が稼働するVMX rootモードと、仮想マシンが稼働するVMX non-rootモードが追加されています。

 VMX non-rootモードは見かけ上、リング0とリング3の両方が動作できる仕様となっていますが、仮想マシン上で動作するゲストOSが物理リソースにアクセスする命令を要求した際には、自動的にVMX rootモードで稼働するハイパーバイザに処理を委ねます。このような動作によって、仮想環境上で発生する特権モードの問題を回避しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算