編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユニ・チャーム、SaaS型SCMを導入--12時間のプランニングが5分に短縮

田中好伸 (編集部)

2011-08-26 17:52

 ユニ・チャームはSaaS型サプライチェーン管理システム(SCM)「RapidResponse」を日本とタイのオペレーションで導入した。RapidResponseを提供するキナクシス・ジャパンが8月26日に発表した。

 ユニ・チャームは赤ちゃん用紙オムツをはじめとして、消費者向け衛生用品を提供する製造販売業者。これまでは統計ベースのSCMを活用していたが、今回RapidResponseに刷新した。これまで12時間もかかっていたプランニングの計算が、5分で完了できるようになっているという。

 ユニ・チャームがRapidResponseを選択したのは、需給バランスが常時変動する中でダイナミックに調整できる点を挙げている。RapidResponseは、ユニ・チャームの日本国内のオペレーションで部材要件のプランニングに利用していたIBM AS/400も刷新したことで、2つのシステムを1つに統合している。

 RapidResponseを活用することで、サプライチェーン管理全般のプロセスを簡素化すると同時に、ユニ・チャームの今後のビジネスの拡大にも対応できる体制を構築できたという。可視性とコントロールの能力が向上して、ユニ・チャームはローカル拠点に注意を払いつつ、グローバル視点によるオペレーションが可能になり、特に製品の投入が強化されているとしている。

 需要計画と供給網管理、製品管理、部材調達計画をRapidResponseに統合したことで、ユニ・チャームは新製品投入プロセスの管理能力が高まり、結果として売上増に貢献しているという。ユニ・チャームは今後ほかの地域にもRapidResponseの導入を検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]