日本IBM、Hadoopベースの分析プラットフォーム--ビッグデータの活用促進

富永恭子 (ロビンソン) 2011年09月01日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは8月31日、いわゆるビッグデータを活用するためのソフトウェア「IBM InfoSphere BigInsights Enterprise Edition V1.2」を発表した。9月2日から提供を開始する。

 BigInsightsは、ビッグデータを効率的に分散処理、管理するためのオープンソースソフトウェア「Hadoop」を基盤として、企業利用に必要な機能を備えた分析用プラットフォーム。V1.2では、ウェブベースの分析用画面「BigSheets」を標準で提供するため、IT部門に負担をかけずに業務部門のユーザーがデータを分析できるようになるという。

 通常、Hadoopでビッグデータを分析するには、IT部門がMapReduceなどのHadoop用データ処理フレームワークを使用してプログラムを作成し、収集したデータを業務部門に渡す必要があり、分析には最短でも数日かかっていたという。しかし、BigSheetsを利用することで、業務部門は表計算プログラムに似た動作で直接データを操作して分析結果を表示できるようになるため、利便性を大幅に向上できるとしている。

 標準提供されるBigSheetsは、BigInsightsに取り込まれた社内データや、ユーザーが指定したウェブサイト上にあるデータ、ネットワーク上にあるデータなどを表計算ソフトのようにスプレッドシート上に取り込み、各種分析を行い、結果をグラフやタグクラウドなどで分かりやすく表示する機能となる。

 具体的には、あらかじめ取り込んだ売上実績などの期間データに加えて、特定の商品名を指定してTwitter上のつぶやきを取り込み、その商品に対するつぶやきを対象に「好き」や「嫌い」といった感情を調べるセンチメント分析を行ったり、その中からさらに「〜が欲しい」という記述を取り出して購買行動の傾向を観察するなど、実績データとマージしてセンチメントと売上実績を組み合わせた分析なども可能だとしている。

 BigInsights Enterprise Edition V1.2では、外部プログラムを経由せずにIBM InfoSphere Warehouse、IBM DB2、Netezzaといった既存のデータベースやデータウェアハウスと直接データを連携できるようになった。これにより、長期間かけて蓄積された経営情報にまで分析の範囲を広げることができ、より包括的な分析が可能になるという。

 BigInsights Enterprise Edition V1.2の使用料金は、V1.1と同じく1テラバイトあたり285万円(税抜)から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化