編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CEOがITに期待する今、ITはビジネス価値を生み出せ--IBM Pulse Japan

大川 淳

2011-10-12 19:20

 日本IBMは、東京・港区で「IBM Pulse Japan 2011」を開催した。

 冒頭の特別講演には、IBM Corporation Software Group, Worldwide Sales, Vice President, Tivoli SoftwareのJoao Perez氏が、「インテグレーテッド・サービスマネジメントでビジネス・イノベーションを実現 - 世界の先進事例が示す最新動向 -」との表題で講演。基調講演は、日本IBM ソフトウェア事業 Tivoli事業部 理事 事業部長の荒川朋美氏が担当し、「事業の継続と成長を実現する戦略的クラウド活用とサービスマネジメント - インフラの再構築に向けて -」との表題でサービスマネジメントの重要性を解説した。

ITインフラ全体の管理が重要になる

Joao Perez氏
Joao Perez氏

 Perez氏は、「世界はスマート化に向かっている。さまざまな機器は機能化され、相互接続し、インテリジェント化してきている。さらにデジタルの世界が統合化され、物理的なものとデジタル的なものの差異がなくなろうとしている。そのような状況が進めば、ITはネットワークやデータベースだけではなく、インフラそのものも管理しなければならない。インテグレーテッド・サービスマネジメントは、インフラ全体の管理を可能にする」と主張する。

 インテグレーテッド・サービスマネジメントは、ビジネスにどのような価値をもたらすか。Perez氏は、以下のような事例を紹介した。

 無線サービスプロバイダーの米Aircellは、飛行機内のインターネットサービスを提供しているが、無線アプリケーションの稼働にサービス管理システムを活用している。このサービスでは、データベース、HDD、基地局など、さまざまなIT資産が活用されており、それをインテグレーテッド・サービスマネジメントにより単一インフラで管理しているという。そのため、「コスト削減が可能になり、管理が簡素化される。それが物理とデジタル両方にまたがる統合サービス管理」(Perez氏)だ。

 「Aircellのサービスはかつてなかったものだ。こうした発明には、ITベンダー側もツールなどを開発して支援しなければならない。我々がプラットフォームを定義しているからだ」(Perez氏)

 また、アムステルダムのスキポール国際空港の荷物管理システムの事例では、年間5000万個の荷物、一つひとつにバーコードを付け、荷物がどこにあるかを正確に把握しているという。運営コストを40%削減するとともに、荷物の遅延、取り違えを60%低減化することに成功した。Maximo、WebSphere、Rationalなどを用いて、アプリケ−ションを構築したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]