編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日立、大連で行政クラウドのデータセンター建設へ--地方政府系企業と合弁で

ZDNet Japan Staff

2011-10-18 13:02

 日立製作所などが出資するITサービス提供企業の日創信息技術は、中国・大連にデータセンターを建設する。中国で成長が期待されるクラウドやBPOなどの提供を目的とした施設で、サービスの提供開始は2012年11月を予定している。日立製作所らが10月18日に発表した。

 今回建設が始まったデータセンターは、政府向けGtoB(Government to Business)やGtoC(Government to Citizen)、企業向けSaaSなどのクラウドサービス、データセンターサービス、BPOサービス、リモート保守などのサービスを提供する予定。建物は、面積が約1万平方メートルで、省エネ空調システムなどのグリーンIT技術を活用した環境配慮型データセンターだという。

 日創信息技術は、日立製作所(出資比率30%)、日立システムズ(同10%)、大連創盛科技(同55%)、大連双D高科産業発展(同5%)の合弁会社で、8月24日に設立された。大連双D高科産業発展は、大連市金州新区政府が出資する民間企業。事業内容として、クラウドサービス、データセンターサービスを含むシステム運用サービス、システム保守サービス、システムインテグレーション、BPOサービスなどを掲げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]