現場の緊急事態を乗り切るためのツールベスト5 - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-11-09 07:30

4.BlueScreenView

 Windowsがブルースクリーンになると、コアがダンプされる。このコアダンプには、ブルースクリーンを引き起こした原因を把握するのに役立つ、価値のある情報が多く含まれている。信じて欲しいのだが、これはただでさえ情報の少ないブルースクリーンのメッセージ表示を書き留めようとするよりも、ずっと有効だ。ただし、問題が1つある。わたしはCcleanerツールのファンなのだが、Ccleanerはデフォルトではすべてのメモリダンプファイルを削除する設定になっている。このため、Ccleanerを使っている場合は、これらのファイルを削除するオプションのチェックを外しておく必要がある。でなければ、BlueScreenViewのようなツールは役に立たない。

5.Roadkil's Unstoppable Copier

 Roadkil's Unstoppable Copierは1つのことしかできないが、それを上手にこなす。このツールは、壊れたドライブからデータをコピーしてくれる。ただし、Unstoppable Copierはただ壊れたドライブからデータを読むだけではない。(バッチモード機能を使えば)これを普段のバックアップとして使用することもできる。データを回復してくれるだけでなく、故障したドライブからデータを回復する必要が生じること自体を防ぐ役にも立ってくれるのだ。このツールは、あらゆる読み出し可能なファイルの断片を回復し、元に戻そうとする。このツールは驚くほどうまく動作する。

現場の緊急事態に対する救急キット

 緊急事態対応のための完璧なツールキットを探しているのなら、上記の5つで十分だ。この組み合わせで、現場で遭遇するあらゆるソフトウェアの危機に対応できるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]