モバイル端末管理市場:スマホ普及で市場拡大が加速--シェア争いも激化

田中好伸 (編集部) 2011年11月25日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・アール(ITR)の調べによると、国内のモバイル端末管理(MDM)市場は群雄割拠の様相を呈しており、シェア争いが激化しているという。同社が11月25日から販売するレポート「ITR Market View:クライアント仮想化/モバイル管理市場2011」に詳細がまとめられている。

 同市場の2010年度の出荷金額は3億2000万円と規模は小さいが、前年度から約20倍に拡大し、2011年度もその3倍の9億8000万円に達すると予測している。2010年度からスマートフォンが本格的に普及し、ビジネスでの利用が増加傾向にあることが要因となり、2011年度に入ってから参入ベンダーが急増している。

 2011年度の出荷金額ベース(予測値)でのベンダーシェアは、インヴェンティットが大手キャリアのインフラとしての採用を順調に伸ばしており、35.7%のトップシェアを獲得。2位にはiOS版をいち早く市場に投入したアイキューブドシステムズが前年度から出荷金額を大きく伸ばして10.2%。3位にはWindows Mobile向け製品をいち早くMDM市場に投入したSOTI(国内の販売はベネトレイト・オブ・リミット)が7.1%となっている。

図 国内MDM市場ベンダーシェア(出荷金額ベース、2011年度予測。出典:ITR)

 ITRのシニア・アナリストである舘野真人氏は「現時点では特定の部門やスタッフに限定した導入やパイロットテストの段階にある企業が大半だが、スマートデバイスの導入に積極的な姿勢を示す企業は多く、今後に向けて企業で利用される端末の台数が増えることは間違いない」と分析する。

 加えて同氏は「多台数の導入となれば管理ツールの整備は不可欠となるため、MDMの需要も急拡大すると見られる。今後、国内企業で私物端末の業務利用(Bring Your Own Devices:BYOD)が受け入れられるようになれば、より高度な管理管理機能が求められるため、MDM市場の規模もさらに大きく膨らむ可能性がある」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算