編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

長岡技科大、高専55キャンパスとの統合図書館システムをプライベートクラウドに

田中好伸 (編集部)

2011-12-02 13:27

 長岡技術科学大学(新潟県長岡市)は全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスと共同で利用する統合図書館システムをプライベートクラウドにのせる。2012年3月からシステムの運用を始める。システムを構築するNECが12月2日に発表した。

 同大学は、高等専門学校卒業生を受け入れ、共同研究や教職員の交流などを行っており、高専との連携を強化している。その一環として、全高専の図書館システムの統合を進めており、研究や学習支援の充実と発展を目指している。

 今回のシステムでは、各高専に設置されているサーバを同大学の6台に集約して、各高専にPCとプリンタだけを設置する。同大学がサーバ管理やシステム更新などの管理業務を担い、コスト削減と業務効率を実現させるとしている。

 検索システムを統一して、同大学と55キャンパスの蔵書400万件を横断的に検索できる。各校の専門分野にあわせて集められた蔵書や電子ジャーナルなどをネット経由で検索でき、各校の図書館サービスを向上させられるとしている。

 図書館システムとしてはNECの大学図書館向け「E-CatsLibrary」を採用。職員向けの蔵書点検、資料受入、閲覧機能、利用者向けの貸し出し、予約、図書購入申し込みなど図書業務に必要な機能を各高専にSaaS型で提供する。1つのシステムで高専単位の蔵書管理と予算管理を実践して、学校ごとの運用を維持しながら、横断検索というシステムのメリットを提供できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]