カスペルスキー、ファイルサーバ向けウイルス対策ソフト--仮想サーバも保護

田中好伸 (編集部)

2011-12-12 19:20

 カスペルスキーは12月12日、ファイルサーバ向けウイルス対策ソフトの新版となる「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server 8」とLinuxワークステーション向けウイルス対策ソフトの新版となる「Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux」(英語版)を発売した。

 Anti-Virus for Linux File Server 8は、Linuxなど多様なOSで動作するファイルサーバに対し、マルチレイヤでの保護を提供する。ウイルス対策モジュールはカーネルレベルで監視し、サーバのファイルシステムをリアルタイムで保護するほか、各種データ転送プロトコルでアクセス可能なファイルシステム内のローカルとリモートの両方のリソースを保護する。

 新版では、新たに現行のFreeBSDに対応し、VMware Ready認証を取得したことで物理と仮想、両方の環境のサーバ上のファイルをシームレスに保護できるという。アプリケーションの状態は「カスペルスキーWebコンソール」でリアルタイムで確認でき、設定や運用も行える。一元管理ツールの「Kaspersky Security Center」で複数のサーバにインストールされているAnti-Virus for Linux File Serverをリモート経由で一括設定、管理できるとしている。

 「Kaspersky Ant-Virus for Linux Workstation」の後継製品となるEndpoint Security 8 for Linuxは、ヒューリスティックアナライザーの強化と刷新されたウイルス対策エンジンでスキャン速度を飛躍的に向上させながらシステムリソースの使用量を最適化、未知の脅威の検知も可能になったという。Security Centerによる管理にも対応している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]