編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

VMware環境の運用管理ツール群--アプリとインフラの依存関係を自動抽出

田中好伸 (編集部)

2012-01-26 16:21

 ヴイエムウェアは1月26日、仮想化環境やクラウド基盤の運用管理ツール群「VMware vCenter Operations Management Suite」の販売を開始したと発表した。パートナー企業から購入でき、市場予想価格は仮想マシンあたり6250円。サポートやサブスクリプションは含まれていない。

 vCenter Operations Management Suiteは、運用管理ツールの「VMware vCenter Operations Manager」、アプリケーションの依存関係を可視化するツール「VMware vCenter Infrastructure Navigator」、課金管理ツールの「VMware vCenter Charge Manager」、構成管理ツールの「VMware vCenter Configuration Manager」で構成されている。

 Operations Management Suiteにはアプリケーションとそれをサポートするインフラとの関係や依存性を自動的に検出し、マッピングするアプリケーション認識機能が含まれている。この機能を活用することで、ユーザー企業は各アプリケーションのニーズに基づいて、セキュリティ管理や災害復旧(DR)などのインフラの運用を最適化できるという。

 同ツール群は、キャパシティと構成管理情報を連携させてダッシュボード上にインフラの健全性やリスク、効率性などの情報を包括的に表示させる。新機能のスマートアラートは健全性や性能、キャパシティについて発生しうる問題を事前に通知する。自動化された根本原因分析機能で、インフラレイヤ全体で問題の原因となるメトリックを特定する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]