編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

EMCジャパン、2012年は顧客の新規ビジネス創出を支援 - (page 2)

冨田秀継 (編集部)

2012-01-26 20:10

ビッグデータ時代に不足する「データサイエンティスト」

 2つ目の重点領域であるセキュリティ分野では、バックアップ製品を中心に災害復旧(DR)ソリューションを提供する。また、山野氏は「台風や水害のように災害を予測できるとき、データセンターの環境を別の場所によせて、被害を最小化するような取り組みが米国で始まっている」と述べ、災害回避(Disaster Avoidance:DA)ソリューションを提供することも明らかにしている。そのほか、製品面ではサイバー攻撃対策ソリューションの提供にも注力する考えだ。

 製品の提案と構築にあたっては、自社のコンサルティング部門だけでなく、上流コンサルティングパートナーとの協業を深めていくとしている。

 3つ目の領域であるビッグデータ分野では、重点的に人材育成に取り組む。

  • データサイエンティストの育成と認定に取り組む

 「私たちに不足しているのは、統計などの科学的な検知でデータを分析するデータサイエンティストだ。米国ではPh.D.(博士)とMBAの両方を持っている(ビジネス感覚がある)科学者のような人がやっている仕事だ。EMCジャパンではデータサイエンティストの発掘と育成を進める。そのための横断的な教育コースや認定プログラムを提供していく」(山野氏)

 また、GreenplumHadoopに関連する戦略的な協業プログラムも推進する意向。1月19日にはその第1弾としてAsakusa Frameworkで知られるノーチラス・テクノロジーズと協業している。

 米EMCは2011年通期の売上高が前年比18%増の200億ドル、純利益は同30%増の25億ドル(GAAPベース)だったという。山野氏は「日本法人はこれよりも高い成長、円ベースでもこれ以上の成長だ」と2011年の実績に自信を見せている。EMCジャパンでは2012年から始まる3カ年計画でも「2ケタ成長を続ける」(山野氏)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]