編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デル、ソニックウォールを買収--UTM市場の成長見込む

冨田秀継 (編集部)

2012-03-14 15:34

 米Dellは現地時間3月13日、セキュリティベンダーの米SonicWALLとの間で買収の最終合意に達したことを発表した。買収金額は非公開。Dellの2013会計年度第2四半期(5〜7月)に買収が完了する見込み。

 SonicWALLは、小規模環境向けの統合脅威管理(UTM)「TotalSecureシリーズ」や、次世代ファイアウォールを謳う「NSAシリーズ」、データセンター向けのファイアウォール「SuperMassiveシリーズ」などのネットワークセキュリティ製品で知られる。

 一方のDellは、情報セキュリティサービス「Dell SecureWorks」(SecureWorks買収で獲得)や、システム管理アプライアンスの「Dell KACE」(KACE買収)、バックアップソフトウェアの「Dell AppAssure」(AppAssure買収)などの製品を持っている。

  • SonicWALLの買収により、Dellのセキュリティポートフォリオが拡充される(出典:Dell)

  • 次世代ファイアウォールでは、さまざまな機能が提供される(出典:Dell)

 投資家向けに公開されたプレゼンテーション資料によると、DellはUTM市場が2011年の24億ドルから2015年に39億ドルまで拡大すると見込んでおり、年率15%で成長すると予測している(IDCの調査およびDell独自の調査による)。

 Dellのソフトウェア部門担当プレジデントであるJohn Swainson氏は投資家向けのウェブキャストで、「UTMソリューションの広範な需要は、顧客のサイバーセキュリティに対する不安によって増大している」とコメント。

 「Dellは顧客の(セキュリティ不安の解消という)ニーズに取り組むとともに、迅速な成長と高い収益性を持つ(UTM)市場セグメントのカギとなる資産とともに、ソフトウェアのポートフォリオを構築しているところだ」(Swainson氏)

 Dellは2月2日にソフトウェア部門を新設し、担当プレジデントにCA Technologiesの前CEOであるSwainson氏を任命していた。Dell入社後、Swainson氏はAppAssureの買収を手がけている。今回の買収もソフトウェア部門によるものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]