エネルギー管理の多様化を成長につなげる--シュナイダーエレクトリック モンディ社長

聞き手:冨田秀継、文・構成:大川淳 2012年04月05日 11時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シュナイダーエレクトリックは、受配電・制御機器、オートメーション事業などを世界的に展開している仏Schneider Electricの日本法人だ。仏Schneider Electric傘下のエーピーシー・ジャパン(APCジャパン)が、2011年10月にシュナイダーエレクトリックへと社名変更して誕生した。

 2012年1月、同社社長にArnaud Mondi(アルノ・モンディ)氏が就任。旧APCは無停電電源装置(UPS)をはじめとする電源管理や冷却装置で実績が豊富だったが、新生シュナイダーエレクトリックは今後、どこを目指し、どう変貌していくのか。モンディ氏に事業戦略を聞いた。

ソリューション事業の拡大に注力

シュナイダーエレクトリックのアルノ・モンディ社長
シュナイダーエレクトリックのアルノ・モンディ社長

 我が社の強みはUPSだが、現状とは異なる分野への展開を図りたいと考えている。従来の強みを活かしながら、さらにビジネスを拡大させていく。

 シュナイダーエレクトリックは、グループ全体で新分野の開拓や事業創出を図っている。我々は包括的なソリューションを提供できるため、日本市場でも新領域の創造に着手していきたい。また、シュナイダー本社は、製品を単に販売するだけの事業から、ソリューション事業への移行を進めている。我々も同様の取り組みを強化していく。

 当社はもともとUPSに強みを持つとともに、データセンター向けの冷却装置から配電システムまでを手がけられるため、データセンターの全体的な効率化ソリューションを提案することができる。これが他社にはない強みだ。

IT機器の電源確保から建物全体のエネルギー管理へ

 また、国内のグループ企業との連携も強化していきたいと考えている。グループ企業の力を借りて、UPSを工場や機械メーカーに販売するなど、産業向けのビジネスもさらに拡大させる。工場などの複雑なプロセスは、企業のサーバと同じで、ほんの数分でも停止してしまうと大変な事態となる。潜在的な需要が見込める領域だ。

 また、電源確保の領域をさらに拡大し、産業向けエネルギー管理のソリューションにも力を入れる。この分野には、データセンター向けのUPSやラック、冷却装置などがあるが、これらを複合的に組み合わせるだけでなく、さらに発展させて建物全体の電力制御を実現するソリューションもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算