編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

BYOD禁止でも5割以上が経験--「ポリシーに強制力ある」は2割

田中好伸 (編集部)

2012-07-02 15:26

 私物端末の業務利用(BYOD)を禁止していても、5割以上は経験している――。トレンドマイクロの調べで明らかになっている。

 BYODを許可しているのは全体の12.6%、ポリシーやルールがない企業が31.2%、禁止しているのは28.5%、分からないとする企業は27.7%となっている。BYODについてポリシーやルールの整備が十分ではない現状が浮かび上がっている。

 その一方で、個人所有端末を業務で利用したことがあるかどうかでは53.1%があると回答。許可している企業では72.7%、ポリシーやルールがない企業では62.7%、禁止している企業でも54.8%という実態だ。

 ポリシーやルールの整備状況で利用したことがある割合に差があるが、禁止している企業でも5割以上がポリシーやルールに反して、個人所有端末を業務で利用した経験があることが分かっている。

 BYODについてのポリシーやルールを制定している企業で「ポリシーやルールは強制力、抑止力が十分ある」と回答しているのは23.8%にとどまり、ポリシーやルールを整備した上で、強制力や抑止力のあるツールを利用することが求められているとトレンドマイクロは説明している。

 調査は6月21~22日にウェブアンケートで実施。スマートフォンとタブレット端末の導入についての意思決定者や導入に関与する510人と利用する従業員1038人、計1548人を対象にした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]