NEC、スマートデバイス活用POSを9月から--必要な機能はクラウドで提供

田中好伸 (編集部)

2012-07-10 15:57

 NECは7月10日、スマートデバイスを活用した販売時点情報管理(POS)システムのクラウドサービスを9月から提供すると発表した。

 新サービスは、タブレット端末やスマートフォンなどのスマートデバイスに必要なアプリケーションをダウンロードして利用する。最短で契約当日から利用できる。

 提供されるアプリケーションは、精算や売り上げの管理と分析といった店舗管理、電子マネーなどの決済、会員管理やポイント、クーポンといった顧客情報管理(CRM)となっている。NECのデータセンターで売上実績や会員情報などを管理し、蓄積されたデータを活用した分析も可能だ。

 新サービスは、店舗管理や決済などPOSシステムの機能をクラウドで提供するため、専用機器は不要。スマートデバイスとキャッシュドロアプリンタなどの周辺機器のみで利用できる。直感的に操作できるスマートデバイスを使うことから、新人の従業員もすぐに慣れることができるとしている。

 新サービスの決済は、NECが提供する電子決済基盤「MaPS(Marketing & Payment Platform Service)」用の端末と連動して、複数の電子マネーに対応する。消費者の再来店を促すクーポンやポイントの機能に加えて、会員管理や座席管理など、店舗の売上増加につながる機能も提供される。

 従来、小規模店舗は費用や導入期間、追加機能の導入とカスタマイズ性などが専用POSシステムを導入する際の課題になっていたという。NECのPOSのノウハウや電子マネーの決済技術をスマートデバイス向けのアプリケーションに移植することで、専用POSシステムと同等の機能をスマートデバイスで利用できるようにしたと説明している。

図 システムイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]