編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

レッドハット、国内ストレージ市場に参入--オープン、スケーラブル、低コスト謳う

齋藤公二 (インサイト)

2012-07-25 19:05

 レッドハットは7月25日、オンプレミス環境とクラウド環境に対応したスケールアウト型のストレージソフトウェア製品「Red Hat Storage Server 2.0」の国内提供を開始した。同製品は2011年11月に同社が買収した米Glusterが提供していたオープンソースの分散ファイルシステム「GlusterFS」をベースにしたソフトウェアパッケージ。

 複数台のx86サーバにインストールすることで、サーバのディスク領域をネットワークストレージとして利用できるようになり、サーバの台数を増加させることでリニアにスケールアウトできることが大きな特徴。パッケージは、Red Hat Enterprise Linux、XFS、GlusterFS、Red Hat Storage Consoleで構成され、価格は2ノード構成130万円から。オンプレミス環境のほか、Amazon Web Services、Red Hat Enterprise Virtualization、VMwareなどのクラウド環境にも対応する。

レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏
レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏
クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏
クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏

 発表に際し、レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏は、「各種調査によると、2011年のデータ量は1.8ゼタバイトに達しており、2020年までに50倍に増加する見込みだ。そのうち非構造化データの割合は90%になる」と話し、同製品は爆発的に増える非構造化データに対応するソリューションだとした。

 また、国内展開については、同社 クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏が「国内のストレージソフトウェア市場において、3年以内にリーダーのポジションを獲得する」ことを目標にすると主張。レッドハットの既存ユーザー、オンプレミスで大量の非構造化データを保有する大手企業、研究機関、クラウドプロバイダーなどを主な対象に、専任営業チームを新設して既存パートナーを活用して販売していくとした。

プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏
プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏

 製品の機能や仕組みについては、同社プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏が具体的に解説を加えた。まず特徴を整理すると、大きく、オンプレミスとクラウドに対応する「導入の柔軟さ」、x86サーバで実現できる「低コスト」、非構造化データ、ファイル、オブジェクトを統合した「ビッグデータの基盤」になること、オープンソースであることから「オープンでスケーラブル」なことだという。

 導入の柔軟さについては、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドといったハイブリッドな環境でもIPネットワークをシングルネームスペースとして構成することができるため、ユーザーは、複数の仮想IPアドレスなどを使い分ける必要がなく、「ファイルを保存する際にローカル環境かパブリッククラウドかを意識せずに利用できる」(石井氏)とした。

 低コストについては、競合となるユニファイドストレージ製品などと比較して、3分の1のコストで同等の機能を実現することが可能と説明。これは、サポートされるハードウェアとして、Dell、HP、富士通、IBM、Ciscoといった汎用的なx86サーバ75種類以上に対応しており、高価なストレージ製品を購入する必要がないことが大きいという。また、従来は、ファイル、オブジェクト、データベースなど、保存するデータの形式によって異なるハードウェアが求められたが、それらをx86サーバ上にまとめることができることもメリットになっている。

 ビッグデータの基盤になることについては、GlusterFS上でファイルとオブジェクトストレージが統合されていることを指している。具体的には、NFS、CIFSなどのプロトコルのほか、オブジェクトストレージへのRESTでのアクセス、GET/PUT、OpenStack REST APIなどに対応する。

 オープンでスケーラブルな点については、サーバ台数を増加させることで書き込み性能はリニアにスケールアウトしていくこと、オープンソースであるためにストレージによるベンダーロックインを防ぐ手段にもなることなどだという。

 そのうえで、石井氏は「オープンソースソフトウェアをもとにしたストレージとx86サーバによって、ストレージ市場は一変する」と強調。レッドハットとして投資の約20%をGlusterFSに振り向ける方針であることも明かした。

 なお、GlusterFSは、国内において、NTTPCコミュニケーションズなどの法人ユーザーが参加するコミュニティ活動がすでに行われている。昨年のレッドハットによる買収に関しても、サポートを充実させることなどを理由に国内ユーザーのほとんどから歓迎されたとし、コミュニティのサポートなどに引き続き力を入れていくと話した。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]