レッドハット、国内ストレージ市場に参入--オープン、スケーラブル、低コスト謳う

齋藤公二 (インサイト) 2012年07月25日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットは7月25日、オンプレミス環境とクラウド環境に対応したスケールアウト型のストレージソフトウェア製品「Red Hat Storage Server 2.0」の国内提供を開始した。同製品は2011年11月に同社が買収した米Glusterが提供していたオープンソースの分散ファイルシステム「GlusterFS」をベースにしたソフトウェアパッケージ。

 複数台のx86サーバにインストールすることで、サーバのディスク領域をネットワークストレージとして利用できるようになり、サーバの台数を増加させることでリニアにスケールアウトできることが大きな特徴。パッケージは、Red Hat Enterprise Linux、XFS、GlusterFS、Red Hat Storage Consoleで構成され、価格は2ノード構成130万円から。オンプレミス環境のほか、Amazon Web Services、Red Hat Enterprise Virtualization、VMwareなどのクラウド環境にも対応する。

レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏
レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏
クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏
クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏

 発表に際し、レッドハット代表取締役社長の廣川裕司氏は、「各種調査によると、2011年のデータ量は1.8ゼタバイトに達しており、2020年までに50倍に増加する見込みだ。そのうち非構造化データの割合は90%になる」と話し、同製品は爆発的に増える非構造化データに対応するソリューションだとした。

 また、国内展開については、同社 クラウド・仮想化・ストレージ事業本部長の西村哲也氏が「国内のストレージソフトウェア市場において、3年以内にリーダーのポジションを獲得する」ことを目標にすると主張。レッドハットの既存ユーザー、オンプレミスで大量の非構造化データを保有する大手企業、研究機関、クラウドプロバイダーなどを主な対象に、専任営業チームを新設して既存パートナーを活用して販売していくとした。

プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏
プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏

 製品の機能や仕組みについては、同社プロダクトマーケティングマネージャの石井明氏が具体的に解説を加えた。まず特徴を整理すると、大きく、オンプレミスとクラウドに対応する「導入の柔軟さ」、x86サーバで実現できる「低コスト」、非構造化データ、ファイル、オブジェクトを統合した「ビッグデータの基盤」になること、オープンソースであることから「オープンでスケーラブル」なことだという。

 導入の柔軟さについては、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドといったハイブリッドな環境でもIPネットワークをシングルネームスペースとして構成することができるため、ユーザーは、複数の仮想IPアドレスなどを使い分ける必要がなく、「ファイルを保存する際にローカル環境かパブリッククラウドかを意識せずに利用できる」(石井氏)とした。

 低コストについては、競合となるユニファイドストレージ製品などと比較して、3分の1のコストで同等の機能を実現することが可能と説明。これは、サポートされるハードウェアとして、Dell、HP、富士通、IBM、Ciscoといった汎用的なx86サーバ75種類以上に対応しており、高価なストレージ製品を購入する必要がないことが大きいという。また、従来は、ファイル、オブジェクト、データベースなど、保存するデータの形式によって異なるハードウェアが求められたが、それらをx86サーバ上にまとめることができることもメリットになっている。

 ビッグデータの基盤になることについては、GlusterFS上でファイルとオブジェクトストレージが統合されていることを指している。具体的には、NFS、CIFSなどのプロトコルのほか、オブジェクトストレージへのRESTでのアクセス、GET/PUT、OpenStack REST APIなどに対応する。

 オープンでスケーラブルな点については、サーバ台数を増加させることで書き込み性能はリニアにスケールアウトしていくこと、オープンソースであるためにストレージによるベンダーロックインを防ぐ手段にもなることなどだという。

 そのうえで、石井氏は「オープンソースソフトウェアをもとにしたストレージとx86サーバによって、ストレージ市場は一変する」と強調。レッドハットとして投資の約20%をGlusterFSに振り向ける方針であることも明かした。

 なお、GlusterFSは、国内において、NTTPCコミュニケーションズなどの法人ユーザーが参加するコミュニティ活動がすでに行われている。昨年のレッドハットによる買収に関しても、サポートを充実させることなどを理由に国内ユーザーのほとんどから歓迎されたとし、コミュニティのサポートなどに引き続き力を入れていくと話した。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算