企業コンテンツの配布方法を再考する--広がる企業のタブレット導入

Will Kelly (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2012年07月31日 07時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブレットが企業に大量導入されるようになると、企業コンテンツの配布方法に見直しを行う必要が出てくる。本記事では、タブレット向けに企業コンテンツを配布する際に検討しておくべき点を解説する。

 筆者がテクニカルライターの仕事を始めた頃、技術マニュアルや企業文書の評価基準は厚さと重さであった。表現を変えれば、マネージャーの机の後ろに置かれた本棚を占めるスペースそのもので評価されていたわけである。その後、「Adobe Acrobat」のPDFや「Microsoft Word」の.docといった電子フォーマットが一般に好まれるようになった。読者としては必要な場合にのみ印刷すればよいようになったわけだ。そして最近では、タブレットの急速な普及によって企業コンテンツの発行形態や配布形態にさらなる変化の波が押し寄せようとしている。

 タブレットが企業に大量導入されるようになると、企業は社内のコンテンツを発行、配布する方法について考え直す必要に迫られるはずだ。なお、こういったコンテンツにはドキュメントやポリシー、手続き、企業におけるその他の連絡資料といったものすべてが含まれている。

パブリッシングモデルを再考する

 企業ドキュメントを発行する際の形態としてはさまざまなものが考えられるが、いったんタブレット向けにコンテンツの発行を始めたのであれば、タブレットの普及レベルに応じた新たなニーズ、特にアクセス方法やセキュリティに関するニーズを取り込んでいくことになる。また、ポータビリティという側面は別にして、タブレット向けのドキュメントを発行することで、エンドツーエンドのセキュリティをはじめとするさまざまな機能の利点を、企業が実装するシステムに応じて引き出していくことが可能になる。以下は、タブレットにおける3つのパブリッシングモデルである。

  • 受動的パブリッシングモデル:このパブリッシングモデルは、タブレットが登場する前のそれとほとんど同じであり、印刷可能なドキュメントをウェブサーバにアップロードし、そこへのリンクを張っておくというものである。タブレットユーザーが行うことは、リンクをタップしてドキュメントをダウンロードした後、お気に入りのPDFリーダーやOfficeスイートでそのドキュメントをオープンするだけだ。ただこのモデルでは、ドキュメントが格納されているサーバとタブレットとの接続にセキュリティというものがほとんど、あるいは一切存在していない。このため、タブレット向けの発行に力を入れていくつもりなのであれば、CMSや権限管理サーバへのアップグレードを検討するべきだろう。
  • 能動的パブリッシングモデル:このモデルでも、CMSがコンテンツの更新や発行の管理に威力を発揮する。また権限管理サーバも、オンラインドキュメントの最新のバージョンをタブレットユーザーに提供するうえで役に立つはずだ。
  • セキュアパブリッシングモデル:このモデルでは、プロプライエタリでしばしば社外秘のドキュメントを発行するために権限管理サーバ(「Adobe LiveCycle Server」など)とCMS、セキュアなネットワークを使用することになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]