編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、「Windows Server 2012」をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2012-09-05 11:55

 Microsoftは米国時間9月4日、「Windows Server 2012」をリリースし、同製品の製造工程向けリリース(RTM)版をテストおよび購入目的の顧客向けに米国太平洋時間午前8時/米国東部標準時間午前11時より公開した。

 リリースの一環として、Microsoft関係者は同製品に含まれる約300の新機能の一部についてデモをウェブキャストで公開している。しかし、リリースに際しての包括的なメッセージは、Windows Server 2012の本質はWindows Server 2012に搭載されたさまざまな新機能ではない、ということだ。その本質は、Windows Server 2012がMicrosoftの「クラウドOS」というビジョンおよび戦略の鍵となる一部分だということである。クラウドOSでは、何が「OS」を構成するのか、という概念そのものが変化している。

 Microsoftの幹部陣はこの数年間、クラウドに対する同社のアプローチを説明する最良の方法を考え出すのに苦労している。「ソフトウェアプラスサービス」は「We're all in」に置き換えられ、その後、それもMicrosoftのパブリック/プライベート/ハイブリッドというメッセージに置き換えられた。

 2012年夏、Worldwide Partner Conference(WPC)が開催された頃から、Microsoftは同社のメッセージに修正を加えている。最新のメッセージは、パブリック(「Windows Azure」)とプライベート(「Windows Server」)、およびホステッド(パートナーがホストするWindows Server)がMicrosoftの「クラウドOS」を構成する3つの要素である、というものだ。

 Windows Serverおよびマネジメントマーケティングチーム担当コーポレートバイスプレジデントであるMichael Park氏は、「われわれのクラウドOSプラットフォームは、これら要素すべての間で不変である。そして、Windows Server 2012はクラウドから作り上げられた」と述べた。

 Microsoft関係者は、同社がWindows Server 2012の最初のパブリックテストビルドをリリースした2011年9月以降、Windows Server 2012がWindows Azureのコンセプトやコンポーネントを組み込んでいるという概念を強調してきた。

 Microsoftは2012年夏以降、ServerとAzureのコンポーネントの命名法により整合性を持たせるようになり、Serverの「Active Directory」をミラーリングする「Active Directory for Azure」の実装をロールアウトした。Microsoftは6月、それを一歩先に推し進めて、ホステッド仮想マシンのようなAzure独自のテクノロジの一部をWindows Serverにもたらし、クラウドOSを構成する3つの要素の間の共通性を高めた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]