編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

“ソーシャル”はビジネスプロセスにインパクトを与える--IDC

ZDNet Japan Staff

2012-09-24 13:10

 IDC Japanは9月24日、国内ソーシャルビジネス市場のベンダー動向分析を発表した。

 同社は企業で利用するソーシャルネットワーキングシステムを「ソーシャルビジネス」として定義。企業内のビジネスプロセス全般に関わり、インパクトをもたらすものと見ている。

 ソーシャルビジネスは、企業内のビジネスプロセスに深く関わりを持つ「コラボレーティブアプリケーション市場」「エンタープライズリソース管理(ERM)市場」「顧客管理(CRM)市場」への影響が特に大きいという。また、モバイルデバイス市場、ユニファイドコミュニケーション市場は、関連市場としてソーシャルビジネスと相互に影響し合う関係にあると分析している。

 IDCでは2012年に国内ソーシャルビジネス市場に参入しているベンダー動向を分析。ベンダーは自営システム向けソフトウェアの提供ベンダーと、SaaS提供ベンダーに大別できるとした。代表的なベンダーには、IBM、Salesforce.com、Beat Communication、ガイアックスなどを挙げている。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの眞鍋敬氏は、「国内ソーシャルビジネス市場は、将来的に成長が期待できる市場である。ベンダー/サービス提供者は、従来のコラボレーションツールとソーシャルビジネスの相違点やソーシャルビジネスの効果を訴求しつつ、ユーザー企業への導入ステップとソーシャルビジネスが生み出すデータのビジネス活用を提案することが重要である」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]