日立製ストレージとNetBackupが連携する新ソフト--データ保護から復旧を一元管理

ZDNET Japan Staff

2012-10-09 15:16

 日立製作所は10月9日、バックアップの作成から遠隔地へのデータ保管、復旧までの一元管理を可能とするソフトウェア「Hitachi Storage Adapter for Symantec NetBackup OpenStorage」を製品化したと発表した。シマンテックが技術支援と検証で協力している。

 同ソフトウェアは、シマンテックのデータ保護ソフトウェア「NetBackup」と日立のユニファイドストレージ「Unified Storage 100シリーズ」をNetBackupのAPIであるOpenStorageを通じて連携させる製品。NetBackupの管理画面からUnified Storage 100シリーズのリモートレプリケーション機能を操作、管理できるようになる。これにより、バックアップデータの作成から、ストレージを利用した遠隔地へのデータ保管、復旧までの一元管理が可能となり、バックアップ運用の負担を軽減できるとしている。

 従来の仕組みでは、管理者はバックアップシステムとストレージシステムの両方でバックアップ作業とリモートレプリケーション機能の設定をする必要があった。今回発表されたソフトウェアを利用することで、ストレージ側での作業が不要になる。

 価格は103万9500円から。10月10日から販売を開始し、11月15日より提供を開始する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]