編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

富士通、ビッグデータ活用のクラウドサービス--サービス体系と料金体系を刷新

田中好伸 (編集部)

2012-10-10 12:55

 富士通は10月10日、ビッグデータを利活用するためのクラウドサービス「データ活用基盤サービス」のサービス体系と料金体系を刷新した。スタンダードとプレミアムに分けて同日から提供している。

 税別料金はスタンダードが月額32万円から、プレミアムが290万円から。刷新後のデータ活用基盤サービスは、基本サービスとオプションサービスで構成、オプションサービスを組み合わせることで、データ活用のパターンに応じた個別のシステムを構築できる。

 スタンダードでは1システム、プレミアムでは複数システムを構築できる。スタンダードは仮想環境上のCPUやディスクといったハードウェアと、そのハードウェア上でビッグデータを処理するためのソフトウェアなどを利用できるリソースに制限がある。プレミアムは、スタンダードの約10倍の拡張性を確保できるという。

図
※クリックすると拡大画像が見られます
サービス名サービス概要
基本サービス(必須)プラットフォーム共通サービスプラットフォーム上に置かれるユーザー企業が利用するシステムの運用機能や各サービスに格納されたデータを連携させるためのジョブの登録機能を提供する
非構造データ対応ストレージサービスネットに接続された環境であれば、いつでもどこからでもアクセス(データの収集保存、参照、削除、通知)可能で非構造化データを扱えるストレージ機能を提供する
オプションサービス(選択)リレーショナルデータベースサービスODataプロトコルでアクセス(データの参照、削除)可能なリレーショナルデータベース機能を提供する
複合イベント処理サービス事前に条件を定義しておくことで、非構造データ対応ストレージに保存されるデータを時系列にリアルタイム分析し、通知イベントを出力させる複合イベント処理(CEP)機能を提供する
並列分散処理サービス非構造データ対応ストレージに蓄積されたデータに対し、簡易な分析から機械学習のような高度な分析まで高速に処理する並列分散処理機能を提供する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]