編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メインフレーム外部委託、7割が潜在的コストで悩み--技術移転に課題

田中好伸 (編集部)

2012-12-27 14:27

 メインフレームを外部委託(アウトソーシング)する企業の71%が潜在的コストに悩まされている――。Compuwareの調査で明らかになっている。豪州、ベネルクス、仏、独、伊、日本、英、米の大企業の最高情報責任者(CIO)の520人を対象に調査している。

 メインフレームのアプリケーションの開発と保守、インフラ整備をアウトソーシングする主な理由は、コスト削減を狙ったものだ。だが、調査結果を見ると、全体の71%がアウトソーシングに伴う潜在的コストに悩まされているという。

 この潜在的なコストは、1秒間に実行できる百万個単位の命令数である「MIPS値」の増加、アプリケーションの品質や性能の低下で必要となるテストやトラブルシューティングの費用として発生することになる。

 メインフレームで最も出費が必要となるのがMIPS値と言われている。Compuwareの調査では、メインフレームは以前より頻繁に使用されており、MIPS値も増加傾向にある。MIPS関連コストは対前年比で平均21%増加しており、回答企業の40%がMIPS値の増加をくい止められずにいる。CPUの消費量に応じた料金体制を採用している回答者の88%、全体で42%が、アウトソーシング先はCPU関連コストをより適切に管理できているはずと考えている。

 回答者の57%は、アウトソーシング先は開発するアプリケーションの効率性を考慮していないと思っており、68%がモバイルバンキングなどモバイルアプリの使用増加で、MIPS値が上昇しているために、追加コストが発生していると認識している。Compuwareでは、非効率的なコードでもMIPS値は増加し、不要なコストを発生させる原因と説明している。

 アプリケーションの品質に注目すると、54%の企業がアウトソーシング先が納品したアプリケーションの品質に不満があるため、性能テストやトラブルシューティングに追加投資している。またアプリケーションの品質が低いことから、51%が社内のQ&Aチームへの投資増加も余儀なくされているという。

 また47%が、アウトソーシング先が納品したアプリケーションのコードでのエラーやバグの発生率は社内開発に比べて高いと回答。納品されたアプリケーションでのバグや性能上の問題を解決するために平均10日が必要となっている。納品されたアプリケーションやサービスの品質について、67%が必ずしも満足していないという。

 メインフレーム環境は複雑さを増している。そのため、稼働しているアプリケーションに変更を加える必要がある。現行のメインフレームのアプリケーションと新しいサービスを統合する要求も高まっている。

 だが、社内でのレガシースキルの蓄積や文書化が不足しているために、アウトソーシング先に頼らざるを得ず、結果として品質の低下を招く事態に陥っていると説明している。具体的には、知識移転の難しさがアウトソーシングしたプロジェクトの品質低下を指摘しているのは80%となっている。

 68%は社内チームにメインフレームのアプリケーションを維持するだけの知識の蓄積がないと答え、41%は社内での専門知識の欠如がアウトソーシングの主な動機としている。65%は、アウトソーシング先でのスタッフの入れ替わりが、納品されるアプリケーションの品質や作業時間に悪い影響を与えていると指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]