編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

HP、日本でもオートノミー統合--データ保護を包括的に提供

三浦優子

2013-07-01 17:58

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は6月28日、2011年に買収した英国のソフトウェアベンダーAutonomyの統合が完了したことから、Autonomy事業戦略説明会を開催した。Autonomyは、データの分析、デジタルマーケティング、そして主力事業である情報管理のためのソフトウェアを提供する。

 米HPのAutonomy インフォメーションマネジメント エンタープライズ・データプロテクション シニアバイスプレジデント&ゼネラルマネージャー David Jones氏は、「当社が提供するデータ保護に対しては、ITの変革が大きな影響を及ぼしている。当社製品は包括的な対応が可能となるよう、さまざまな製品を用意し、データ保護に対応していく」と話した。

モビリティはデータの在り方も変える

 HPは、2013年1月1日付けで北米のAutonomy事業の統合を完了。北米以外の地域では6月1日付けで統合され、日本でも同じ6月1日にオートノミー株式会社は日本ヒューレット・パッカード株式会社に統合された。


春木菊則氏

David Jones氏

 「記者会見の会場は、元々はオートノミーの事業所であったが本日、見て頂ければわかるようにHPのロゴが入り口にある」(日本HP オートノミー・インフォメーションマネジメント統括本部 統括本部長 東アジア担当 春木菊則氏)。

 HPの中ではソフトウェア事業部の一つにセグメントされ、運用管理、Vertica、セキュリティとともに4本柱として位置付けられている。Jones氏は事業の現状を「Autonomyは年10億ドルの売り上げがあり、順調に成長している。ビジネスの18%がクラウドベースのもので、取り扱う情報の量は60Pバイトに及ぶ。ユーザーの数は6万社におよぶ」と説明した。

 データ保護を取り囲む環境はビッグデータ、仮想化、そしてクラウドへの移行、モビリティの影響で大きく変化している。

 「ビッグデータで非定型の分散データが爆発的に増加し、仮想化によってITリソースの消耗、管理の複雑化が増している。クラウドの活用により、社内だけでなくSaaSを提供する事業者のインフラも含めてIT管理者は考えなければならない。モビリティは、データがデータセンターにとどまらないところにデータがある時代に変えた」(Jones氏)

 こうした環境の変化に合わせ、データ保護ソフトウェアとして「Autonomy Connected Backup」「Autonomy LiveVault」「HP Data Protector 8」の3製品を紹介した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]