HP、日本でもオートノミー統合--データ保護を包括的に提供 - (page 2)

三浦優子

2013-07-01 17:58

 Autonomy Connected Backupは電子証拠開示(eディスカバリ)支援対応のクライアントマシン向けデータ保護ソフトウェア。大規模企業のデータ保護案件に対応した、エンタープライズレベルのスケーラビリティを持つという。欧米では訴訟対策として導入する例が多いと説明した。

 Autonomy LiveVaultは、クラウドベースのサーババックアップとリカバリを行うソフトウェア。OSとアプリケーション、CIFSなどをクラウドベースで保護する。中小規模のバックアップに対応し、大企業の支社などのデータ保護のために利用されるケースが多いという。

 HP Data Protector 8は7月に英語版がリリースされたばかり。「競合製品であるIBMのTSMに比べ200倍の規模に対応し、SymantecのNetBackupに比べ10倍のパフォーマンスを持っている」(Jones氏)

 今回の新版ではHP-UXベースのOracle Database、SAPのスナップショットなどに対応し、HPのストレージポートフォリオにも対応した。同製品の日本語版は9月にリリースを予定している。

 「アリゾナの銀行の事例では、顧客の数が増大した結果、1日ではバックアップが終了しないという問題を抱えていたが、Data Protectorを導入し、大幅にバックアップ時間の短縮とコスト削減を実現した」(Jones氏)

 日本でのオートノミーの事業展開については、あらためて説明会を開催して説明するとしている。


データ保護のための代表的な3製品

HPのストレージとData Protectorの連携も

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]