編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

勝負の場面でうまくいく--自分をよりプロフェッショナルに見せる10の方法 - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-07-29 07:45

4.小道具を慎重に選ぶ

 私は、話者が話すときにマクドナルドのコーヒーカップを手にしていたり、ホワイトボードがうまく使えなかったりしたために、素人くさく見えてしまうプレゼンテーションを見たことがある。プレゼンテーションを準備するなら、細かい点にも気を配るべきだ。もし飲み物が必要なら(その場合は水を持って行くべきだ)、水を入れるグラスは清潔で、シンプルで、落ち着いたものにすること(水を多く飲むのならピッチャーも)。飲み口付きのカップや、スポーツドリンクのボトルなどを使ってはいけない。プレゼンテーションにホワイトボードが必要なら、確実に使え、新しく見えるか、少なくともきれいでしっかりしたものを用意する必要がある。

 プレゼンテーションに配付資料を使うのであれば、資料を順番通りにまとめ、ホチキス止めし、机にきちんと重ねて置いておくか、聴衆の椅子の上に配布しておくこと。事務的な問題のために、プレゼンテーションや打ち合わせを中断する機会は、少なければ少ないほどよい。そして、ケチってはいけない。安いホワイトボードを使っていると、トラブルが起きて格闘しなくてはならない可能性も高くなる。確実な結果を得るためには、確実なツールのために必要なだけ費用をかけるべきだ。

5.スペルチェック

 私は講義や面接、プレゼンテーション、打ち合わせなどに参加すると、配付資料や履歴書、ホワイトボード、プレゼンテーション資料などに、スペルミスが多いことに驚かされる。聴衆からの注意や就職のチャンスを失う一番簡単な方法は、スペルミスをちりばめた資料を使うことだ。聴衆や面接官は、小さな、あるいは間違いやすい文法ミスなら見逃してくれても、スペルミスとなれば話にならない。もし、ワープロでスペルチェック機能を使っていないのなら、使うべきだ。スペルミスが多いことに気づいているなら、誰か他の人にプレゼンテーションや履歴書、配付資料のチェックをしてもらった方がよいだろう。

6.電話をマナーモードにしておく

 聴衆は、あなたにかかってくる電話や、送られてくるメールには興味がないし、電話やメールが来てプレゼンテーションを中断することほど、プロフェッショナルらしくない態度はない。これには、わずかながら例外がある。例えば、あなたの奥さんが産気づいた場合などは、数少ない例外の1つだろう。そういう万が一の場合は(あるいは同じくらい緊急の場面では)、聴衆に状況を説明して理解してもらえばよい。そういった情状酌量が可能なまれなケース以外では、携帯はマナーモードにするか、電源を切っておくべきだ。

7.時間を守る

 「時は金なり」だ。これは、あなたがサービスから対価を得ているという意味だけでなく、聴衆にも自分の仕事があるという意味でもある。与えられた時間の枠を守るようにすれば、成功できるようになるはずだ。これは、早く終われと言っているわけではない。顧客はあなたの時間にお金を払っており、それだけのものを得たいと思っている。それにしっかり応える必要がある。面接される場合には、決してその面接よりも重要なものがあるというそぶりを見せてはならない。そんなものはない。その場で一番重要なものは、その面接だけだ。これには、時間に遅れずに着くということも含まれる。約束の時間には、常に準備が整っているべきだ。もちろん、これは開始時間ぴったりに到着しろということではない。決められた時間には準備万端な状態になっているよう、早めに到着して、相手に敬意を示すこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]