編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

IBMとPivotal、オープンソースのPaaSフレームワーク「Cloud Foundry」で協力

山田竜司 (編集部)

2013-07-26 17:58

 米IBMと米Pivotalは米国時間7月24日、オープンソースソフトウェア(OSS)のPaaS フレームワーク「Cloud Foundry」の開発で協力し、同ソフトウェアの開発者応援プ ロジェクトを推進すると発表した。Cloud Foundryを推進し、クラウドインフラ、プ ログラミング、クラウドアプリケーションといった分野での自由度の高い開発や運用 ができる環境構築を目指す。

 PivotalはEMCやVMware、GEなどが出資しており、VMwareで最高経営責任者(CEO) だったPaul Maritz氏がCEOを務めている。Pivotalが管理するCloud Foundryは、Java やRuby、PHPなどの言語に対応すると同時に、「Spring Framework」「Ruby on Rails」「Sinatra」「Node.js」といったフレームワークにも対応する。

 加えて、MySQLやPostgreSQL、RabbitMQ、Redius、MongoDBなどのデータベースもサ ポートしている。ライセンスはApache License 2.0で公開している。企業内部のプラ イベートクラウドでのPaaSとしても利用できる。

 米IBMによると現在、ユーザー企業であるクラウド関連企業の間で、PaaSでの開発 ニーズが高まっているという。だが、「Force.com」「Heroku」「Windows Azure」な どPaaSのプレイヤーは限定され、特定のベンダーにロックインされてしまうリスクが ある。こうしたリスクを回避するため、Cloud FoundryなどよりオープンなPaaSが求 められていると説明する。

 Cloud FoundryはOSSであり、開発の拡張性が高いことから、システムを構築、実 装、管理しやすくなるという。例えば、小売店がEコマースのアプリケーションを作 成した場合、複数のIaaS上でプロモーションを実行できるようになると説明する。

 IBMとPivotalは、そのほかのプログラミング言語やフレームワークをCloud Foundryに実装可能にするテクノロジでも協力する。すでにIBMは同社のアプリケー ションサーバ「WebSphere」の軽量版である「WebSphere Application Server Liberty Core」のプレビュー版を作成した。IBMは「開発者はWebSphereプラット フォームの堅牢性と新しいクラウドアーキテクチャの革新性の双方からメリットを得 ることができる」とアピールする。

 IBMとPivotalは、9月8~9日にカリフォルニア州サンタクララでCloud Foundryのコ ミュニティカンファレンスを共同で開催する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]