編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウインドリバー、通信業界向けネットワーク仮想化技術--遅延を抑制

山田竜司 (編集部)

2013-08-01 10:04

 ウインドリバーは8月1日、通信業界向けに組み込みLinuxの商用ディストリビューション「Wind River Linux」のアドオンソフトウェアとして「Wind River OpenVirtualization Profile(OVP)」の販売を開始した。OVPは、Linuxのカーネルに組み込まれたハイパーバイザ「KVM」を最適化して開発された。

 現在、ネットワーク機器では、ソフトウェアでネットワークを定義する仕組み「SDN(Software-Defined Networking)」が注目を集めている。このSDNの考え方を広げて、通信業界のコアネットワークでも仮想化する「Network Functions Virtualization(NFV)」が注目を集めている。

 NFVは、コアネットワークで使われる専用機器の機能を汎用サーバで稼働させようというものだ。今回のOVPは、NFVを進める上で有効な技術になるとしている。ウィンドリバーはOVPが仮想化されたコアネットワークでも従来の専用機器に匹敵する低遅延を実現できるとアピールする。

 OVPは、ネットワークサービスを仮想マシン上に展開する。ウインドリバー独自のリアルタイム技術をベースにすることで、アクセスからコアまでネットワークのどの部分でもサービスを柔軟に運用できるという。

 ウインドリバーによると、通信業界は、スマートフォン所有者の増加などにより、データ通信量の増大がもたらす課題に直面しているという。この課題に対し、事業者は、端末当たりの月間平均売り上げを増やすためのサービスを投入している。その一方で、ネットワー クの拡張や運用に要するコスト削減、電力消費の効率化を模索していると説明する。ここで注目されるのがNFVだ。

 だが、NFVで柔軟に運用できる仮想化ネットワークを構築できたとしても、従来の物理的なネットワークに比べて遅延が発生すると指摘されている。ウインドリバーの調べによると、遅延の差は7.4倍にもなるという。OVPはこうした問題を解決し、物理的なネットワークと変わらないスピードを実現できるとそのメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]