編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NSA、お気に入りのターゲットは「iPhone」?--スマホの個人情報アクセスで

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2013-09-10 11:05

 「iPhone」は消費者に人気だが、米国家安全保障局(NSA)にもやや異なる理由で好かれているようだ。

 先日お伝えした通り、NSAは「iOS」「Android」「BlackBerry」搭載デバイスのユーザーデータにアクセス可能であることが、独誌Der Spiegelが入手した内部機密文書で明らかになった。

 機密文書は、スマートフォンユーザーの「大規模な」監視が行われたことを示すものではないが、いくつかの具体的な事例に関する記録を含んでいる。そしてDer Spiegelが現地時間9月9日付の続報で伝えているように、AppleのiPhoneはいくつかの理由でNSAのお気に入りのターゲットになっているようだ。

 NSAが作成した「スクリプト」と呼ばれるプログラムはiOSの38種類の機能を監視できるということだが、これらNSAの内部レポート(少なくとも1件は2010年に作成されたもの)によると、アクセス可能なバージョンは「iOS 3」と「iOS 4」のみだという。監視可能な機能には、地図、ボイスメール、写真のほか、「Facebook」「Yahoo! Messenger」「Google Earth」などのアプリケーションが含まれる。

 またDer Spiegelによると、NSAはiPhoneのバックアップファイルをもう1つの侵入ツールとして使っているという。バックアップファイルには、連絡先、通話記録、テキストメッセージの下書きといったデータが含まれる。これらのデータを取得するのに、NSAはiPhoneそのものに侵入する必要さえなく、iPhoneと同期しているPCにアクセスするだけでいい。

 さまざまなiOSアプリで使われている位置情報機能も、特定の時間帯におけるユーザーの居場所を正確につかめることから、NSAの格好のターゲットだとDer Spiegelは報じている。NSAの文書によると、Appleが「iOS 4.3.3」で問題を修正するまで、ユーザーの位置情報を長期間にわたって追跡することが可能だったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]