編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

あきんどスシロー、40億件のビッグデータ分析で経営判断スピードと店舗オペレーションを強化

山田竜司 (編集部)

2013-09-11 11:03

 あきんどスシロー(スシロー)は、回転寿司チェーンの店舗戦略を支える情報分析プラットフォームに、BI(ビジネスインテリジェンス)を採用して経営判断を速め、店舗オペレーションを強化している。導入を担当したアシストが9月11日、明らかにした。

 

 回転寿司チェーンのスシローは、全国に約350店舗を展開し、年間の来客者数は1億2000万人、年間10億皿を提供し、2011年から回転寿司の売り上げ日本一を誇る。スシローでは、すべてのすし皿をICタグで管理し、回転レーンに流れる寿司の鮮度や売上状況がわかる体制を作っている。「どの店で、どんな寿司がレーンに流されいつ食べられたか、廃棄にいたったか」「どのテーブルでいつどんな商品が注文されたのか」などのデータを毎年10億件以上蓄積しているという。これらのデータと店舗の混み具合や、個々の顧客が着席してからの経過時間などから、1分後と15分後の需要を予測。回転レーンに流すネタや量のコントロールに活用している。

 これらの分析をこれまではExcelで経営や商品開発、店舗のオペレーションに関する分析を行っていたが、扱えるデータ量や分析に要する時間、スキルの面から刷新が望まれ、新たにBIツールを導入することとなった。BIツールとして、クリックテックの「QlikView」を採用した。

 理由として「40億件のデータを高速に分析できるレスポンス」「分析軸を自由に変えられる」「レポート作成の依頼に対し、1日以内に対応可能」「シミュレーションしながら売れ筋商品の新メニューを開発できる」などを挙げた。

 2012年にBIツールを導入してから、分析のスピードは改善され、これまで週次で作成していたレポートは即座に提供できるようになったという。データ分析の結果は、原価率の管理や廃棄率の低減、商品フェアでのシミュレーションに活用しているほか、店舗でのレーン構成やネタの提供、スタッフの配置に至るまで店舗オペレーションの強化につながっているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]