編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBM、x86サーバ「System x」新モデル--「Hyper-V」設定して出荷

怒賀新也 (編集部)

2013-10-03 16:09

 日本IBMは10月3日、Microsoftの「Windows Server 2012」をインストールしたx86サーバ「IBM Systemx」シリーズに、同OSの仮想化機能である「Hyper-V」が動作するように設定し、購入後すぐに仮想化環境を利用できる仮想化推奨モデルの5製品を発表した。

 「Windows Server 2003」を基盤にシステムを構築している企業が多い一方、2015年に延長サポートが終了するため、早急なシステム移行を求められているという。IBMは、仮想化推奨モデルを通じて、新システムへの段階的な移行を支援する考えだ。

 また、既存の仮想化環境で稼働するOSやソフトウェアを新たな仮想化環境に移行する機能「Live Migration」を活用することで、迅速な移行が可能になるとしている。

 最小構成価格は、タワー型エントリサーバ「IBM System x3100 M4」が17万円から。10月3日から日本IBMと、ダイワボウ情報システム、ソフトバンクBB、大塚商会などのパートナー企業から提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]