通信のゆくえを追う

通信と放送の融合--7年後の東京五輪に向け高まる期待

菊地泰敏(ローランド・ベルガー) 2013年10月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第4回でパケット定額制の不合理について述べた。今回は、そのパケット通信のトラフィック増加の原因となっている動画について考えてみたい。

 一般的に言って、動画といえば今でもテレビ放送が一番の媒体である。最近の番組のなかでは、「半沢直樹」や「あまちゃん」が記録的な高視聴率を収めたことは記憶に新しい。今でも地上波放送は、いわゆる「マス」に対する広告効果という点で絶大な影響を誇っていることは事実である。

 しかしながら、テレビの視聴率が年々落ちてきていることは避けられないトレンドであり、多くの放送事業者が頭を悩ませているところである。マスという概念は今後もさらに崩壊し続け、特定の例外的な番組以外が高視聴率を稼ぐことは非常に困難になっていくことは明らかであろう。

 これまで視聴者がテレビに費やしていた時間を、インターネットに費やすようになっていることはさまざまな調査や研究で明らかになっているが、そのネット上で何をしているかというと、実は動画の視聴に多くの時間を割いているのである。

 実際、ネット上を探ってみれば、自分の興味のある分野の動画がそれこそ玉石混交ではあるが山のように存在する。視聴者の立場で言えば、自分が見たいと思う動画(番組)があればそれで良いのであり、その番組が「放送」されていなければ、「通信」媒体で見れば済むことなのである。

 そもそも放送と通信とは、何が違うのだろうか。

 日本においては「放送法」に基づいて番組(コンテンツ)を送信しているのが放送であり、通信は「電気通信事業法」に基づいている。

 法律はさておき、実際には放送は通信の一形態以外のなにものでもない。通信の内、「不特定多数の受信者に対し、同一時刻に情報を発信する」ものが放送である。とはいえ、このように放送を定義すると「ケーブルテレビによる放送は、『特定』多数向けではないか」、あるいは、地デジ化後は、「視聴者から放送局側に向けた情報発信も行われている(双方向性がある)」という反論もあるであろう。

 その通り、実際には放送と通信とは(法律以外の側面、特に技術的な面では)不可分と言っていいのである。だからこそ、これまでに何度も「放送と通信の融合」という話題が議論の場に上がり、あるいは葬られている。放送は利権の固まりであり、だからこそ「放送と通信の融合」は政治ネタとして時に盛り上がり、違う政治ネタが旬の時には忘れ去られるのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算