編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NSA、グーグルと米ヤフーのクラウドに「思いのまま」アクセスか--米報道

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-10-31 11:48

 米国家安全保障局(NSA)はGoogleとYahooの世界中のデータセンターを結ぶプライベート光ファイバネットワークに秘密裏にアクセスしており、両社のサービス利用者のメタデータやコンテンツを「思いのままに」入手できるという。The Washington Postが報じた。

 英国の諜報機関である政府通信本部(Government Communications Headquarters:GCHQ)との共同プロジェクトで「MUSCULAR」と呼ばれるプログラムの下、NSAは海外でのアクセスによって、地理的に分散されたGoogleとYahooのデータ「クラウド」(ここにはユーザーデータの複数のコピーが暗号化されていない状態で保存されている)間を流れるデータを傍受している、と同紙は報じた。同記事は、NSAの元契約職員であるEdward Snowden氏と匿名の「事情通の関係者」がリークした文書を引用している。

 そうしたデータには、例えば、「Gmail」アカウントや「Google Drive」ファイル内の情報が含まれる可能性がある。


The Washington Postに掲載された内部用「NSAのプレゼンテーションスライド」。パブリックインターネットと、Googleが管理するプライベートクラウドの接続点が描かれている。また、クラウド内のデータが暗号化されていないことが、笑顔のイラストとともに指摘されている(ただしGoogleは現在、こうしたデータの暗号化に取り組んでいる)。
提供:The Washington Post

 Googleは同紙に宛てた声明の中で、「われわれは、政府が当社データセンター間を流れるトラフィックを傍受しているとの主張に戸惑っている。そのような活動が行われていることは承知していない」と述べた。

 Yahooは同紙に対して、「われわれは厳格な管理体制を敷いて、自社のデータセンターのセキュリティを保護している。NSAやそのほかのいかなる政府機関にも当社データセンターへのアクセスを許可したことはない」と述べた。

 同紙は、「ホワイトハウス関係者と、NSAを監督する米国家情報長官室は、NSAが海外でGoogleとYahooのネットワークに侵入しているとの主張について肯定も否定もせず、理由を説明することもしなかった」と報じている。

 NSAは以下の声明を出した。

 NSAは複数の権限を有しており、自らの使命を果たすためにそれを行使する。われわれの使命の中心にあるのは、国家を守ることだ。われわれが大統領命令12333号の下で情報を収集することで、外国情報監視法と外国諜報活動偵察法702条で定められた制限を回避しているとのThe Washington Postの主張は誤りだ。われわれがこうした収集方法によって、米国民のデータを大量に収集しているとの主張も誤りだ。NSAは司法長官によって認められた手順を適用して、米国民のプライバシーを保護することで、NSAによる標的設定、収集、処理、利用、保持、および拡散で米国民の情報が対象になる可能性を最小化している。NSAは外国諜報機関だ。そして、われわれは妥当な外国諜報活動対象者のみについて、情報の発見と開発を行っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]