編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ストレージ市場はコンサルティング力が要--価格競争激しく

山田竜司 (編集部)

2013-11-14 14:21

 IDC Japanは11月14日、2012年の国内ストレージサービス市場と、2017年までの予測を発表した。2012年の国内ストレージサービス市場は前年比1.5%増の2037億8800万円、2012~2017年の年平均成長率(CAGR)は0.9%、2017年の市場規模を2132億円 と予測する。ストレージ市場は製品や保守サービスでは価格競争が激しく、コンサルティング分野、顧客別の対応などプロフェッショナルなサービスが伸長している。

 2012年のストレージサービス市場は、プロフェッショナルサービス、保守サービスともに売り上げが伸びた。成長率が高かったのはコンサルティング分野であり、ストレージ統合の大規模化やストレージインフラの最適化など顧客課題を解決する高度なサービスに対する需要をとらえた。

 一方、ストレージの導入/構築サービス、保守サービスでは成長率が低下し、ハードウェア市場の縮小、差別化などで販売平均単価が低下する傾向にあるという。

 事業継続/災害対策などの一環であるデータの遠隔保護については、2011年3月の東日本大震災以降に需要が高まり、2012年の第4四半期以降は落ち着いている。2013年は、ハイパーバイザや重複排除などの高度な災害対策構築などのサービスが拡大している。

 IDCは、ストレージ市場では用途に適した多様な機器が使用され、サービスの提供機会は増えるが、価格競争が激しく、低成長が続くと推測する。ストレージベンダーに対しては「大規模ユーザーへの高度なコンサルティングや設計構築支援などを提供する技 術力と、一定レベルのサービスを安価に展開するコスト体質という2つが競争優位性を左右する」と分析している。


2009~2017年 国内ストレージサービス市場 売上実績および予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]