AWS、「Amazon Kinesis」を発表--大量のストリーミングデータをリアルタイム処理

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2013年11月15日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)は、膨大な量のストリーミングデータをリアルタイムで処理する新サービス「Amazon Kinesis」により、急激に増え続ける宝の山を収益化する取り組みを一段と強化している。

 AmazonはKinesisによって、米国時間11月13日に発表された「Amazon Appstream」とほぼ同様に、大量の作業負荷を伴うプロセスを引き受け、そうした高コストの作業すべてをクラウド内で処理することを約束しているようにみえる。


提供:Amazon Web Services blog

 リアルタイムのデータ分析がどれほど重要(かつ議論の余地のある)なのか考えてみれば、ここでのデータのやりとりがいくぶん明確になるだろう。

 基本的にKinesisは、チェックポイントを備えたストレージシステムにデータをバッファリングすることで、そのデータを「Amazon Redshift」のクラウドデータウェアハウスに取り込む。

 ユーザーは、何十万ものソースから毎時数テラバイトのデータを格納および処理することが可能だ。データソースには金融取引やソーシャルメディアのフィード、位置情報の追跡イベントなどが含まれるが、これに限られるわけではない。

 AWSによると、法人顧客(さらに言えばAmazonも)有用なデータを即座に入手できるだけでなく、アプリケーションの作成、アラートの生成、その他の決定を実質的に瞬時に実行することも可能だという。

 AWSの幹部らは、これまでほとんどのビッグデータ処理がオープンソースツールを寄せ集めた一括処理指向のアプローチで行われてきたと述べている。また、Amazonの最高技術責任者(CTO)を務めるWerner Vogels氏は、14日に開催されたAWS re:Invent 2013カンファレンスでの基調講演で、「Internet of Things(モノのインターネット)」という流行の専門用語を否定し、このコンセプトについて、あちこちで理解されている以上にはるかに深刻な問題であることを示唆した。

 点と点を結ぶように、ユーザーはこれらのデータをAWSクラウド内部で「Simple Storage Service(S3)」、「Elastic Map Reduce(EMR)」、Redshiftにまたがって移動させることができる。

 Amazonによると、Kinesisはあらゆる大きさのアプリケーションやデータストリームに対応できるよう規模を拡大できるとともに、複数の利用可能ゾーンにまたがって複製することも可能だという。

 Kinesisは14日、限定プレビュー版として従量課金制で提供開始された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算