編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

カーナビやデジカメはスマートフォンに集約--ウェアラブル市場、創出へ

山田竜司 (編集部)

2013-11-28 11:59

 野村総合研究所(NRI)は11月27日、2018年度までの携帯電話やデジタルカメラを含む「デバイス市場」について動向分析と規模の予測を発表した。デジタルカメラやカーナビなどスマートフォンへ集約されてゆく分野がある一方、ウェアラブル端末など新たに創出される市場もある。


2013~2018年度(もしくは年)の間は年平均成長率を表す(NRI提供)

 全世界のスマートフォンを含む携帯電話端末端末の販売台数は、新興国での急速な普及や、1人複数台の契約増加により、2013年度の18億台から2018年度には21億台に成長すると予測する。

 スマートフォンは、端末のみならず、OSやアプリ、クラウドを利用した新たなサービスなどを含めた総合的な競争となり、AppleやGoogleなどOS提供メーカーが主導権を握っていると現状を説明する。

 スマートフォンの開発が遅れた国内メーカーは、従来の携帯電話で築き上げた優位性を保持できず、苦境に追い込まれているだけでなくスマートフォンがデジタルカメラや車載情報端末(カーナビ)など、多くの専用端末市場を取り込みつつあると指摘した。

 タブレット・電子書籍専用端末市場は、既存のノートPCやデスクトップPCの代替、電子書籍端末としての需要増から全世界での販売台数が、2013年度の2億台から2018年度には2億9000万台に成長すると予測。市場の成長は、中国やインド、東南アジア、東欧、中南米、中東、アフリカなどで経済成長の波に乗った国にけん引されるという。スマートフォン同様に、AppleやGoogle、Microsoftなど米国企業が先導するが、中国メーカーも低価格端末を開発して、積極的に参入しているとした。

 ウェアラブル端末は、2018年度には国内で年間475万台の販売が見込まれているとした。メガネ型のスマートグラス、腕時計型のスマートウォッチや服などに身につけ健康管理を行うモバイルヘルスケア端末などのさまざまな端末がこれからも登場するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]